ナニワおやじの逆さ海月♨

第51回 きさらぎ賞

 久しぶりに浅草場外へ行って来た。いにしえに西行は「願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ」と詠った。花は桜で、望月は満月の意味だが、まだまだ寒さの厳しいきさらぎである。
 幸(みゆき)騎手は去年JRAの年間最多騎乗記録1008レースを樹立した。派手ではないが安定しているからこそ出来る話だと思う。出身は鹿児島県鹿屋、薩摩隼人である。鹿屋あたりも今は火山灰も凄いことだろう。兄貴分は田原元騎手だった様だが、そのイメージとは違い幸騎手の好物はお菓子、特にチョコレート好きらしい。バレンタインデーを前に一働きを期待したい。
 さて今回は、5番人気のメイショウナルトで勝負。父ハーツクライがきさらぎ賞で3着だった時の騎乗も幸騎手という親子の縁もある。さて博多の方では、何たらかたら..と?とか、なかなか味のある方言があったが、博多弁で「名将成ると?」そりゃ「成るたい」というイメージもするが、単純に徳島の鳴門と捕らえて良いのかと思われ。そう、ハさんに戴いた鳴門金時の最後の1本を明日いよいよ焼き芋にする予定なり。
メイショウは、馬主が明石の松本さんという説があるらしい。(船のディーゼルの会社を経営)娘が明石に住んでいるので行ったことがあるが、明石大橋からは淡路島から鳴門に繋がっているのだ。
 小倉開催の未勝利戦のビデオをYoutubeで見返すと先行して勝ち切った脚はなかなか。時計では小倉レコードに0.1秒まで迫っている。12番メイショウナルトの単複と、もう一頭のハーツクライ産駒で福永騎乗の9番ウインバリアシオン、それと対峙するはディープインパクト産駒でアンカツ騎乗3番コティリオン・昨年のきさらぎ賞も勝っているデムーロが騎乗6番トーセンラーの4頭ボックスで。kisaragi11naruto




  1. 2011/02/05(土) 20:21:20|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
<<一六漬け | ホーム | スカイツリー:569m>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kan3.blog35.fc2.com/tb.php/756-017ec29f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京新聞杯(GIII)~◎ショウワモダン

重賞では久々な気がします、60キロ以上を背負って出てくる馬。賞金別定基準が基本56キロで3000万超過馬は2000万円毎に1キロ増なので「ショウワモダン」は4キロ増で ...
  1. 2011/02/06(日) 15:00:40 |
  2. カンマネの安心できるかわからないブログ