ナニワおやじの逆さ海月♨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夕餉を考える:メザシ

仕事の帰路は銀座線を浅草で降りて、そこから浅草線で一駅だが本所吾妻橋まで乗っている。今日は乗り継ぐ前に浅草の街に一度出たが、そうかスーパーオオゼキの仮店舗は明日からだった。台風一過、周りは帰路を急ぐ人もいて、諦めて帰ろうとしたのだが。前から浅草線の地下鉄入口のそばにある、鮨屋さんの店先で魚を売っているのが気になってはいた。しかし、昨夜の肉じゃがではないが、魚もまたハードルは高いのである。刺身でない限り、焼くなり煮るなりしないといけない。まずは焼くなら装備が必要。それが最近、100均で小型焼き網を購入して、100均ながらセラミック製の奴は出番を待っていたのだ。
千葉産のメザシ(片口鰯)が1パック100円とあり、迷いながらも一度やり過ごしたが、やはりここは焼くしかなかろうと決意して踵を返す。江戸の下町のおやじさんは「もうしまいだから、サービスしとくよ」と言って、100円で2パックいれてくれた。もともとが1パックに4匹刺したメザシが3段、つまり12匹入っていて、それでも安い気がするのに、倍だと24匹で100円な訳で、これは凄い。ここまでの男前江戸一番である。
本業の寿司屋に行ったら、おやじは「江戸っ子だってねぇ、寿司食いねぇっ」ていうのかな。回転する寿司以外はなかなか行けないが、この光寿司、こんど家人が来たら食べてみたいと思われ。頭からかぶりつき、苦みもまた旨い☆☆☆☆mezasi
  1. 2010/09/08(水) 21:25:13|
  2. 手料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<中年リストラ馬、馬肉寸前から快進撃:ゴールデンバージ | ホーム | 夕餉を考える : 肉じゃが>>

コメント

メザシ、24匹100円とは、ほんとに男前なおやじさんである。
さて、先日、日本一応援好きな男だったか?
はっきり紹介タイトルをおぼえてないのだが、面白いおやじさんをテレビで紹介していた。
その人は、浅草橋駅の階段を下りた所に立っていて、駅から出てきた人に向かい、
ガッツ
と、こぶしを力強く握りしめ、声をかけているのだ。
最近では、こぶしを合わせてくれる人もいるとか。
おやじさん曰く
「こんな世の中だから、皆を元気づけないとさ」
とか言ってたように思う。
なぜ法被を着てるのか?と思っていたら、近くの居酒屋の大将だった。
仕事の合間に、ガッツ をやっているそうで。
たいこ 太鼓?という名前の入った居酒屋だったと記憶するが。
まだ遭遇しておられませんか。

  1. 2010/09/09(木) 21:31:39 |
  2. URL |
  3. ころろん #-
  4. [ 編集]

応援オジサンはラジオでも話題になってましたなあ。
いっぺん応援してもらいなはれ。

メザシから干物、そして生魚は逆に塩ふって焼くだけで済むので
単身としてはハードルが実は逆に低いものです。
僕もずいぶん助けられました。
しかし24匹も消化できるのかなあ。
そっちの方が心配になってくる。
  1. 2010/09/11(土) 01:47:48 |
  2. URL |
  3. よしお #-
  4. [ 編集]

まだ20匹冷凍で残っています。
  1. 2010/09/12(日) 12:35:41 |
  2. URL |
  3. ho #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kan3.blog35.fc2.com/tb.php/665-309a10e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。