ナニワおやじの逆さ海月♨

1日読書DAY

江戸単身の身。参勤交代大名というほどでもなく、旗本でもない。ちなみに旗本は3万人ほどいたらしいが、彼らの武家屋敷は一軒250坪位と広かった様だ。社宅暮しを例えたら、与力・同心は組ごとに拝領地に屋敷に住んだらしいから、それに近いか。あるいは八つぁん熊さんの長屋。どらえもんに江戸時代に連れられてもこの辺で住んでいた様な気がする。
銀座線の定期でウロウロもいいが、出かけるのもあまりに暑そうだから、ずっと本を読んでいた。一日読書DAYというのは、頭の1日とDAYが重なってるが、それしかない「日」という強調表現である。図書館から借りて来たら只だし、部屋にいると無駄遣いもしない。それにビールを飲むと本が読めないから、飲まなくなる。

2002年と少し古いが、「金持ち父さんの投資ガイド」入門編・上級編の2冊完読。「金持ち父さん貧乏父さん」のロバート・キヨサキの著書。金持ちになれる、金持ちのしている投資は違うのだと繰り返される。クワドラントという考えからE(Employee)S(Self-employed,Small business)B(business owner)I(Investor)と分けているが、アメリカの税制も踏まえて、Bから始めてIを目指せと。金持ち父さんのリンク先はここ 極論で要約すると、貧乏父さんの様にEから始めて、給料をせっせと貯めて、株とか不動産を買ってローンを抱えながら、卵はひとつのバスケットに入れないとか色々やっても、金持ちにはなれんと書いてある。平均的な投資はやめなさいと。金(資産)というのはパレート比率よりもっと厳しく、10%の人が90%を所有するらしい。投資には、3つのE、Educaion/Experience/Excenssive cashが必要である。投資、ファイナンシャルプランのの理由には、1.安心していられること2.快適であること3.金持ちであることがあるのだと。ゼロから始める投資の心構えから学ぼうという意図であって、ここには具体的な金融商品、方法が書いてあるものでもない。財務諸表は大切とあるから、ファンダメンタル分析が基本になっているのだろうか。
三菱東京UFJ銀行が普通預金の金利を0.04から0.02に引き下げると発表し、他のメインバンクも追随するだろう。金持ちにはなれなくても、やっぱり庶民は少しでも目減りしないように研究しなきゃいけない訳だ。

もう一冊は、医師・村上智彦の戦い。これは夕張市の破綻、夕張市民病院の再建に奮闘している医師の話。北海道出身、薬大を出て薬剤師をしてから、金沢医科大学に入り6年修学、自治医大で地域医療を学び、瀬棚診療所で高齢者の医療費を半減させた業績(予防医学、住民の健康意識改革など)をあげたキャリア。夕張の際に招聘されて駆けつける。夕張は炭田の栄華から一転して衰退した、途中に地域おこしでレジャーランドや映画祭なども企画するも結局はうまくいかず、さびれてしまった典型的な街だ。もともと一般的に公立病院の赤字の問題はある。中央地方行政の医療に対する丸投げ、職員の高い人件費など医業費用のコントロール出来ていない状態。夕張ではベッドを20床未満にして診療所として再出発するが、老朽化した2階建ての建物を全館暖房するコストが月に500万ほどもかかり経営を圧迫したり、立上げ時に院外処方が出来なかったこととか、医業費用がかかるなかで医療経営をプラス転換するための困難、そして行政は逃げている状況。こういう問題は、別に破綻した自治体でなくても、これからの高齢化社会で一層厳しくなるだろう。政権はちゃんと考えているとは思えない。books0905
  1. 2010/09/05(日) 08:38:47|
  2. 書物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第30回 新潟2歳S | ホーム | 今日のブランチとディナー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kan3.blog35.fc2.com/tb.php/661-1134ba77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)