ナニワおやじの逆さ海月♨

肉そば

 千里中央に、肉工房千里モモタローという立ち飲み食い系&麺類の店が出来ていた。肉そばは380円、肉は確かに脂ものっていて、美味しかった。コロッケとカヤクむすびが付いて500円とかで安いし、出汁は甘くて旨い.
 
 ところで私は学生時代に京都の祇園会館の南の筋を少し入った京庵という蕎麦屋でバイトをしていた。その店長兼蕎麦打ち職人だった頂点禿頭の人はどうなったかな?上手い手打ちだった。その店が男の世界であったことは確かだ。オールナイトで仕事して、夜明けの運動にいったりした。北海道から来ていた職人さんが、蕎麦屋あけて、ソフトボールに行く時に、原付の信号無視でポリスにつかまり、家出人とわかり送還されたり。だいたいメンバーの多くは花園高校の男子がYAZAWAのタオルを巻いて出前していた。彼らは、いま頃どうしてるのか、と思い出す。

 さて、「キツネ付き3杯の天ぷら」って、オーダーは何なんでしょう?
職人さんが、窯に何玉いれて茹でるかということがベースにあるから、その卓は都合何玉という情報が明確に欲しい。そしてお客は何人かで行ったとして、もしも誰かが天ぷら蕎麦と言ったら、じゃ私もってなる事が多い。でも、一方で自分は違うのをっていう人が必ずいる。だから、およそ麺類の注文はパイオニアとフォロアーによる半分以上のオーダーと、少数のアンチで成り立つものだろう。特に酔っ払いなんかは顕著だろう。
付きというは1杯別のものが混ざっているという意味、これが2杯になると混じりという。これで茹でる数を、店の中で通しながら、職人さんが伸びたりしない様にこなしていく。それから、その店のルールで、本来のデフォルトを決めておいて、キツネと言うとウドンなのであり、天ぷらというと蕎麦という決まり。だから天ぷら蕎麦は、「天ぷら」で通して。うどんの場合は、うどん天と通す。つまりは、「キツネ付き3杯の天ぷら」って、きつねうどん一杯、天ぷらそば2杯ってことだけど。そうしたら「おかめ混じり、たぬきとお化けで8杯」という通しは、なんでしょう?senriya

  1. 2009/12/14(月) 22:17:32|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ひょっとこラーメン | ホーム | 鉄人の店>>

コメント

なんだか難しいっす

おやじさん、こんばんは!寒くなってきましたねぇ~。津軽では雪だそうですよ。たぬきか天ぷらか、何だか分かりませんが、関西は難しいっすねぇ~。東京ではきつねにもたぬきにも蕎麦もうどんもあります。便利でしょっ。最近は余り昼にどちらも食べなくなりました。もっぱら、握り飯という名の弁当持参なもので。
京都の蕎麦屋でバイトしてはりましたのですかぁ~。わては、木屋町のブローニュの森っちゅうカラオケパブでバイトしてましたが、もう店が無いと思いますよ。寂しい限りです。
  1. 2009/12/15(火) 18:04:49 |
  2. URL |
  3. ハ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kan3.blog35.fc2.com/tb.php/553-d2429ddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)