ナニワおやじの逆さ海月♨

ぼぅー っと しとったい

 最近は浪花のラーメン外食も当りが悪くて(店名は流行のオフレコだが、R171の九州博多系ラーメンは何が博多ならではのチャーシューで勝負という謳い文句なのか?っ、違うやろ、肉はそこそこでいいたい。それよりも、なんで太い曲がった麺なのか?紅しょうがも、ゴマも、辛子高菜置いてなかぁ!と家人全員が怒っていた。浪花の人はこれが博多ラーメンと言われて、怒らないのだろうか?ちょっと車線変更したらブーブー鳴らして五月蝿い癖に、これを博多ラーメンと出されて鉢をぶちまけないのだろうか?↓の記事のバリ5の様に不当表示として摘発頂きたい)という苦情が寄せられた。
次女もダイエット中で、そのラーメンを食べて大失敗だと、なぜならば旨ければまたダイエットする励みにもなるが、まずいのにカロリーだけあるラーメンは最低のもので、ならば食べないほうがましだと言う。食べられない国があることを思うと贅沢なコメントだが、筋は通っている。離乳食として食した筋金入りだからだ。(ちなみに博多ラーメンの一番硬いのは針金)そんな我が家は博多に7年ほどは住んでいて、ラーメンは主食のように食べていた実績があるので、少し厳しい評価も勘弁願いたい。そういう訳で、通りががりの道で看板見てふらっとラーメン入店は当面禁止ということになった。
 さて、そんな今日この頃、箕面のカルフールで、マルタイ棒状ラーメンの長浜屋協力というバージョンを発見した。長浜屋は御存知の博多ラーメンの有名店、在住当時はプレハブみたいな建物で、一杯300円位だったと思う。このマルタイ製、普通の棒状ならば150円ほどのが200円以上する。画像のなんと替え玉用の麺がスープと共に(替え玉についた茹で汁で薄まるので)別売りである。
 500ccで麺を茹でたのを、そのままスープとするとあるが、私の場合は茹でとスープは別立てとさせて頂く。細麺のストレート、茹でるのは90秒で良い。硬いの好きなら60秒。スープもそんなにくさみのない中等度のトンコツ。紅しょうがも入っている。試食段階をトップクラスで通過、次回買占め予定は久々のFive☆
boujou

  1. 2009/03/12(木) 21:31:00|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<虎と龍 | ホーム | 確かに効果を感じるという程ではなかった>>

コメント

今時、津軽でさえ旨いマズいは別にして本格的博多ラーメン食えるのに
逆にそういう逸脱を見せる店って実は貴重では無いかって思いましたよ。
東京だってちょっと前まで塩とんこつ、醤油とんこつが主流でしたし。
東京人にはあのまんまのとんこつは受け入れられないだろう、って
アレンジしたんじゃないかと。塩とんこつもそれはそれで美味しいし。
その171号線の店もそのまんま博多の味を出すのはこの時代大して難しいことでは
無いはずですから。まさか博多ラーメン食ったことの無い人が博多ラーメンの
看板出す訳も無くあえて工夫してる内に本筋から逸脱してしまったんじゃないかと。
本場博多ラーメンの看板出してるのは間違ってる気もするし単純に美味しい店では
無かったのかもしれないけど。
でも実は長浜ラーメンとは違う博多ラーメンが今は博多のどこかで成長してるのかもしれない。

今や世界最強って日本人が思ってる日本食だってラーメンとかカレーとか
当初は本場の人が見たら失笑ものだったんじゃないでしょうか。
でも頑張って本場とは違うけど独自の美味しいものを作りあげた。
海外で日本食レストランと言うとほとんどコリアンとチャイニーズが作ってて
今、日本側は危険視してるけどもしかしたら日本をしのぐようなものが
逸脱から出来上がるかもしれない。

それにしても以前行った東名高速の海老名インターで本場長浜ラーメンって
うたってる店があったので「麺固めで」って食券渡してオーダーしたら
「そういうのは出来ません」ってキッパリ断られたことがありました。
それで出て来たのは麺ヤワヤワでガッカリしました。
一応スープはとんこつだし、見てくれもそれっぽいのに基本がわかってない。
そっちのほうが罪が重い気がします。

ちなみに「針金」の上に「粉落とし」があったような気がしますけど
店で勝手に付けてるもんですからねえ。
  1. 2009/03/12(木) 23:52:37 |
  2. URL |
  3. よしお #-
  4. [ 編集]

 よしおさん どうも
津軽にはホタテラーメンというのがありました。青森駅のあたりで、あったのですが食べずしまいでした。心残りです。博多ラーメン系については、後の書き込みの虎と龍で、ひとます解決しております。
  1. 2009/03/22(日) 20:53:33 |
  2. URL |
  3. hoppy #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kan3.blog35.fc2.com/tb.php/474-22e7d02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)