ナニワおやじの逆さ海月♨

箕面温泉スパーガーデン

 箕面観光ホテル、スパーガーデンの方へ走っていて、道沿いに大きな猪と子供を発見、これにはびっくらこいた、猿だけではない。ホテルの脇にあったプール用地が売却されて山の上マンションが建っている。スパーガーデンまで一気に上がるエレベーター(100円)も一度は乗ってみたい。monosupa
  1. 2008/05/06(火) 20:05:49|
  2. 往事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<NHKマイルカップ | ホーム | 天皇賞 4面待ちリーチ>>

コメント

サウナですか?

ご無沙汰しています、なにわおやじさん。ハイエナです。お元気ですか?箕面スパーなんたらとはサウナですか?昨夜東京のテレビ『秘密のアラシちゃん』を観ていたら、大阪には他の地域に比較して仰山サウナがあるとか。アムザとか、いろいろと。一度も体験したことありませんが、なにわの力を見させて貰いました。では、良い週末を!
  1. 2008/05/09(金) 23:55:05 |
  2. URL |
  3. ハイエナ #-
  4. [ 編集]

 いやぁハイエナさん。これは箕面国立公園を背にした、箕面観光ホテルに併設された、なんと言うか、入浴してないから分らないけども。入り口に猪(体長が私とほぼ同等&体重たっぷりで子連れ)がいたりしましたから、凄いところであるのは確かです。また今度、ナニワにおいでの際は連絡をお願いします。
  1. 2008/05/11(日) 14:47:08 |
  2. URL |
  3. ほっぴー #-
  4. [ 編集]

箕面温泉スパーガーデンは子供の頃は今月何回行ったかと自慢しあうような場所でした。
あの頃は宝塚温泉(歌劇とファミリーランド)と双璧でしたが
どっちかと言えばスパーランドが優勢でしたね。

大広間ではスパンコールの芸人が芸を披露したり映画を上映したりしてました。
TV映画、例えばマイティジャックとかスクリーンで上映してて、
それは貴重だと当時から思ってましたが、親父はゴロ寝してて
おかんは売店のおでんをつつき子供たちは当時流行のアメリカンクラッカーなんかを
やってたのを思い出します。
そばにはゲームセンターがあってダンスホールがあって大浴場が広くって。
初めてのジェットコースターも当時併設してたちっこい遊園地で
親父に抱かれて乗りました。

箕面駅からそこへ続く坂道はまさに参道で金色のスプレーに
飾られたイシガメの子供とか見ながら炒った銀杏、
もちろん名物のモミジの天ぷらとか道々買って食べて
スパーガーデンへ向かうのです。
あの頃は入場口からごくごく短いケーブルカーがあってそれに乗り込んで
入場しました。エレベーターは知らないです。

高校生になってから何度かスパーガーデンでバイトをしました。
一番手近なバイトだったのです。
日曜の朝に集まって夕方まで働いて2500円、当時でも
あまり良い金額では無かったですが取っ払いでもらえるのは魅力でした。

バイトでは広い客間を一人で掃くように言われて埃が立つんで
窓を開け放してホウキをかけてたら、遠く入り口の方から
おばさんが叫んでます。
なんだと思ったら窓から猿が侵入していたのでした。

おばさんと「出てけーっっっ」と半狂乱になってホウキを振り回して
猿を追い出したのを覚えています。

バイトで行くところとなるとあまり客で行くこともなくなり高校以来一回も行ってません。

僕が結婚式を挙げたのが当時姉の旦那が勤めていた池田市民文化会館なんですが
オプションで遠方からの来場者はスパーガーデン宿泊の優待で
嫁の両親や身内があの「猿の間」と同じフロアに泊まったらしいのですが
感想を訊くと「ちょっと高かった」とのことでした。
  1. 2008/05/13(火) 00:36:02 |
  2. URL |
  3. 青春の道標ABCヤングリクエスト #-
  4. [ 編集]

ちなみに大阪の「仰天サウナ」の最高峰と言えばアイソレーションシステムですね。
それは死海のように濃度の濃い液体が入った蓋を閉めたら暗黒のカプセルです。

つまり、そこに入ると重力も、光の刺激も一切の外的干渉の無い空間。
映画「アルタードステイツ」にも登場した当時画期的な装置。
全く刺激が無い空間で15分の睡眠が6時間に相当するとか当時言われていました。
そういうシステムが大阪のサウナニュージャパンには20年以上前に導入されていました。

今で言うと金本やハンカチ王子の利用するO2 カプセルみたいなのが
サウナ置いてあるって感覚なんでしょうか。
  1. 2008/05/13(火) 00:50:27 |
  2. URL |
  3. 青春の道標ABCヤングリクエスト #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kan3.blog35.fc2.com/tb.php/354-6fd36a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)