ナニワおやじの逆さ海月♨

鴨川

 京都に仕事の帰り鴨川を眺める。画像の左側に並ぶのは納涼の床、これは一度行ってみたい風情。若い頃に京都に住み、勿論床なんてまるで縁もなかった。今は浪速に住み、学生時代とは違い行こうと思えば何とか¥的には行けるだろうに、でも浪速からその為に行くなんてなかなか出来ない。
 床の下は高瀬川だったかな?そして右側に流れるのが鴨川ですね。川辺には牡、牝がほぼ一定間隔、5~10m内外で並んでいる。ちなみに京都旅行に来たらしいシニア夫婦の会話ですが、奥さんが「このアベックが並んでいる風景は鴨川名物らしいけど、鴨川に行ったら別れるらしいよ、でもアベックって言葉を若い人に使ったら何ですかそれ?となってしまうから、あなたも気をつけてね、アベックでなくてカップルといいわなくちゃいけないのよ」..と。橋の欄干で川を眺めている、傍らで聞こえる。
 *確かに、私もあそこに並んでいるのはアベックだと思った。まずぃ。でもカップルなんて言葉はフィーリングカップル5対5から始まったもので、私にとっては男女二人連れ見たら、それはアベックなんですけどね。
 *鴨川に一緒に行ったら別れるってジンクスは本当なのだろうか?京都府民で幸せな家庭を気付いていらっしゃる方々の多くが、まずは鴨川で一緒に夕陽を眺めて始まったのではないかと思うのですが。ジンクスとエビデンスは争わないのが宜しかろうと。ジンクスがあろうと、まずは鴨川に座らずにはいられませんな。
kamogawa

  1. 2007/06/10(日) 23:28:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<キャップはどこに? | ホーム | 蛸虎>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kan3.blog35.fc2.com/tb.php/226-cfaf9e4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)