ナニワおやじの逆さ海月♨

コウノトリ 南無

 私が小さい頃は、田んぼに行くとコウノトリがドジョウを食べていたりしました。カラスと同じくらい、身近な鳥でした。しかし急激な環境の変化と、一部には捕まえて食べちまった人もいたのかな、一時はコウノトリは絶滅しかかりました。ゲージで育てられ、そしてまた自然へ放鳥までたどり着いた関係者の苦労は大変なものだったでしょう。一羽死亡という記事のあり。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070212-00000412-yom-soci
  1. 2007/02/12(月) 22:56:10|
  2. ノンセクション
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<My Fanny Valentine | ホーム | >>

コメント

こうのとり、やけどの痕があるため、落雷によるものか、電線にぶつかってかのどちらかが死因とみられているそう。写真で見ると、死んだ こうのとりは、05年9月初めての放鳥で、秋篠宮殿下、妃殿下が、鳥の入った箱の扉のテープカットをされ、真っ先に大空に飛び立った雄と思われ。新聞では、その点には触れていないのは、やはりご配慮があるのかなと思います。こうのとりのご利益で子宝に恵まれたのかもと、全国的に有名になりました。
ボス的存在の雄で、関係者のショックも大きいのではと思います。青空に悠然と舞う、こうのとりの美しいこと。今後、鳥インフルエンザが蔓延しない事を祈りたいですね。
  1. 2007/02/14(水) 14:09:20 |
  2. URL |
  3. こころん #-
  4. [ 編集]

コメントの名前が、前回より、こころんになっていました。いつも拝読しております、ころろんです。失礼いたしました。
  1. 2007/02/14(水) 14:30:30 |
  2. URL |
  3. ころろん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kan3.blog35.fc2.com/tb.php/190-57e7c16e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[コウノトリ]について

コウノトリ狭義のコウノトリ(鸛)は、コウノトリ目コウノトリ科に属する鳥類|鳥の1種である。全長約110cm、翼開長は約200cmにもなる非常に大型の水鳥である。羽色は白と黒、クチバシは黒。分布域は東アジアに限られる。また、総数も推定2,000~3,000羽と少なく、絶滅の危
  1. 2007/02/14(水) 02:10:09 |
  2. 動物辞典