ナニワおやじの逆さ海月♨

レトロ建築 : 豊岡市中町

帰省中の実家の辺りは昔の町名で中町という。私はそこで幼少期を過ごした。地方の小都市の街中ので、食品店、肉屋、おもちゃ屋、自転車屋、雑貨屋、魚屋など色んな店が軒を並べていた。大規模スーパーにより、旧い商店街は変わったが、記憶の中には街並みが残っている。
北兵庫では1925年に北但大震災があり、その復興建築として旧但馬貯蓄銀行も建てられた。労働基準監督署としても使われたが、その後35年程空いていた様だ。そんなレトロな建物を再生し、今回開業された診療所と画廊があり少しのぞいて来た。高石医院は7日の開業だが町内で内覧させて頂けた。診察室も昔の素材を残して使われていて、これなら患者も落ち着けると思う。
fc2blog_2012050321582028c.jpgfc2blog_20120503215858a89.jpg

2階は豊岡画廊となっていて、オープニングの催しは豊岡出身の美術作家の展覧会、「胡蝶のゆめーKEiKO萬桂の世界」を拝見して来た。墨絵をベースにして勢いの中に繊細さを感じる作風だった。
画廊は、色々活用される計画の様だ。地域活性に繋がる様に期待したい。
fc2blog_201205032159523cb.jpgfc2blog_20120503220011995.jpg
  1. 2012/05/04(金) 00:29:06|
  2. 往事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さよなら豊劇 | ホーム | 丹後屋:但馬豊岡>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kan3.blog35.fc2.com/tb.php/1000-68aacd63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)