ナニワおやじの逆さ海月♨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第75回 菊花賞

秋も深まって来た。競馬も今週は京都で菊花賞、来週は東京で天皇賞だ。昨日、また秋の一日切符500円で出かけ、銀座にで前売りの頑張れ馬券を買って来た。先週も同じだったが、都営浅草線の東銀座からは銀座の場外馬券売り場へ、そこから有楽町ビックカメラというのが最近お気に入りのルート。夕日に映える銀座のこほてんは、買い物を楽しむ人で溢れている。
ginza2.jpg


さて菊花賞、現在の1番人気は15・ワンアンドオンリー、このダービー馬は前走神戸新聞杯を勝っているが、なんとか差し切った感じもあったが、横山騎手は最近は加減がうまくいっている。横山が勝てば98年セイウンスカイ以来の菊になる。
一昨日の夕方4時位に、200万円の大口単勝馬券の投票があって、その時1番人気になったのが2・トーホウジャッカル、誰が買ったか大口投票は気になる。前走は神戸新聞杯3着、出遅れからよく脚を伸ばしていた。要チェック。
2番人気の14・tトゥザワールドは長く脚が使え京都には向いている。皐月2着から逆転しての、1冠もありそうだ。穴目では武豊の7・トーセンスターダム

さて、今回の本命は4番人気のネオユニヴァース産駒、4・サウンズオブアースに期待する。前走の神戸新聞杯は、中団後方から、・サウンズオブアースに勝ち馬ワンアンドオンリーが追っつけて上がって行った。最後の直線は、両馬は抜き差しになっていてタイミングでの勝ち負け。藤岡厩舎の馬だが、鞍上は藤岡から乗り替わって蛯名騎乗。この屋根替わりに蛯名が応えるのではなかろうか?蛯名騎手には是非恐い顔で他馬をおびやかし追って貰いたい。蛯名騎手も勝てば、2001年のマンハッタンカフェ以来。
結局、銀座WINS馬券では、4・サウンズオブアースの単複がんばれ馬券と、2・4・7・14・15のボックス。そして、WINSの一部の売り場で売っているGOOD-LUCK馬券(コンピューターが勝手に相手を選んでくれる)には、サウンズオブアースを2着固定で10頭の馬単。応援馬の2着固定はすっきりしない買い目だが、京都新聞杯・神戸新聞杯を2着という所からの銀メダル狙い。後はTVを見てどうか。
追記:全日本女子大学駅伝では、強い立命館が連覇した。菊花賞は距離と展開のまぎれもある。札幌の2600mを連破した夏の上がり馬10・ゴールドアクターの7番人気なんかは怪しい。

75kikka.jpg

[第75回 菊花賞]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2014/10/26(日) 14:26:00|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

第18回 秋華賞

牝馬G1の秋華賞馬券を買いに銀座WINSに。銀座2丁目の交差点にはブルガリやルイヴィトンがあって、そこから50mほど東に進むと銀座WINSがある。一発当てたらブランド品が買えるロケーションだ。
BVLV.jpgjraginza2.jpg

さて秋華賞はハープスター不在で、オークス馬のヌーヴォレコルトが一番人気になっている。岩田なら強引に持ってくるかも知れないが、ここは人気薄を狙ってみたい。逃げ宣言をしている10番のマイネグレヴィルの単複、馬連で。WINSでは新しいGOOD-LUCK馬券なるものが売られていて、軸馬だけ決めたら相手はコンピューターが選んでくれる。これには福永騎乗の8番レッドリヴェールから。19shuka.jpg



  1. 2014/10/19(日) 15:32:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

不思議な岬の 物語

連休は大阪に帰省していたのだが、台風に追われる様にして、早めに江戸に戻る事にした。ICカードは、チケットレスや多少の割引のメリットもあるが、こんな場合に駅に行かなくても予約を何度でも変えられるのが強みと言う事に気がついた。朝の7時代に、ネットから予約検索を繰り返して真ん中以外のC席通路側をゲットできた。
新大阪駅では、もう空席もなく、どうしようも無い人がごった返していた。

お陰さまで、台風に追われながらも、新幹線の中でiPhoneから投稿出来ている。

さて昨夕は箕面の109シネマで映画を観て来た。この109という意味は知らなかったが、「東急」だった事を上映案内画面で今更知った。

「柘榴坂の仇討」を見ようかなと思っていおったのだが、仇討と言うのもしんどいなと、「不思議な岬の 物語」に方向転換。
岬にある不思議な喫茶店、女店主とそこに集まる客、そして取り巻く町の人々まで。優しさをテーマに描かれている。独りでは生き辛い、だから支え合うと言うことを。自然に飄々とした様に振る舞いながら、最後の場面の展開まで繋げるのは、流石に吉永小百合さんと言う感じ。こないだテレビで「あなたへ」を放映していた健さんもそうだが、お歳なりに段々と本人の素で演じている感じがする。そうなると今のうちに、二人で一本撮って欲しいなと思うのだが。だとしたら、どんな脚本になるのだろうか?

健さんは過去に義理と人情で犯した罪を改め、ずっと静かに暮らしていた。しかし世話になった人が困っており、その恩義を返す為に、仕方なく、仕事場に辞表を出し、サラシを巻いて古い港町に向かう。その港で古びた居酒屋を営む小百合さんに出会う。そして健さんがヒットすべき相手は、小百合さんを育ててくれた義理の父だと分かり、展開は交錯する。なんて、感じかな^^;


  1. 2014/10/13(月) 12:41:41|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第65回 毎日王冠

連休は関西に帰省している。台風が近づいているが、こちらはまだ晴れている。明日の祭日は台風接近で明日の競争予定は中止。さて今日は東京競馬場で毎日王冠、天皇賞への出走権をかけるが、休み明けの馬も多く、人気も割れて混戦気味となっている。ディープ産駒の3頭、遅まきながら連勝をあげている8番スピルバーグ(北村)、1番ディサイファ(四位)、大外15番(小牧)ワールドエースは3倍の1番人気。これに内枠2番、ジャングルポケット産駒にエアソミュール(武豊)を加えての4頭ボックスで馬連・3連複。65mainichi.jpg

  1. 2014/10/12(日) 15:41:21|
  2. ノンセクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。