ナニワおやじの逆さ海月♨

スカイツリー 470m

スカイツリーはブログの副タイトルにもなっているのに、ツリーの経過報告をしてませんでした。といってる間に、ツリーはなんと現在470mまで立ち上がっており。あと164m伸びるのか...sky470
  1. 2010/09/30(木) 20:53:11|
  2. 江戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第58回 神戸新聞杯

錦糸町に出かけて、ダイソーで100均でベランダ用のスリッパ、洗濯機の壁辺りを活用するツッパリ棒、カーペットのコロコロごみ取りの替え巻きテープなんかを買う。錦糸町のJRAを初めて見たが、丸井の隣に東西の2館が建っていて、新橋もそうだが建物がでかい。さすが江戸、それだけ買う人が多いのだろうか?と眺めており。
神戸新聞杯は、3人気10番レーヴドリアン、パドックも良い感じ、阪神の外回り、福永が脚をためて突き抜けるのを期待。10-3/5-1/3/5/8/9の3連単マルチ、10からの馬連総流しで。0926kobe
  1. 2010/09/26(日) 15:15:35|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

下町の甘味

吾妻橋辺りで、満願堂の「焼き芋ソフトクリーム」を発見。最近はスカイツリーの客も多くて忙しそうだ。売り切れて、あと10分ほど冷やすのにかかると。隣のコンビニで缶ビールと柿の種を買って公園で待つ、最近の鳩はホバリングしながら、たかって来る。なかなか怖いもんだ。店では、妻がどら焼きとかも注文して、ソフトクリームの仕上がりを待つ。スタッフは焼き手も売り手もかなりロートルである。まだ不慣れなのだろう、電卓を使っても、つり勘定が合わない。とりあえず先に作って渡されたソフトクリーム、妻は支払いの終わりを待つが、私に預けたソフトが段々溶けてくる。渦がしっかり巻けず、ひょろひょろになってしまっている。練習必要。だけど、そういうロートルを大事にするのもTAITO・SUMIDAの社会・文化・企業ならではか?ロートルとは中国語で老頭児。大きな気持で高齢者と共に、揚子江ではないが大川(隅田川)の畔で共生することが大切という事か。
もうひとつの甘味は、浅草舟和の「アンミツ・抹茶アンミツ」これはかなり美味しかった。干したフルーツも入っていて、寒天と、蜜、上手い取り合わせだ。これなら、この先、もしも望みが叶うならば会社帰りに買って食べたいというものだ。画像左は満願堂の芋ソフト、中右は舟和のアンミツ。甘味☆☆☆☆imosoftanmitu1anmitu2



  1. 2010/09/25(土) 23:59:38|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

根室食堂

浜離宮を見てから新橋方面に抜け、新橋駅前にある根室食堂にいく。昼と夜の間の中途半端な時間だったが、ここは北海道の新鮮なネタが食べられる店で、メニューは品書きメニューは無くて壁に張り紙がしてある。1・2階は立ち飲みスペースになっていて、座席を希望すると3階に通される。日本語があまり得意でない方が相手をしてくれるのは今や東京らしい風景。(それでも先日のテレビでリンガーハットが日本語喋られるだけではダメと厳しい研修をしていて、この辺りの顧客満足の事はこれからの課題だと思われ)
ビールはサッポロ生ジョッキが430円と都内では安い相場の指標になる。それから昆布が入った納沙布ハイボールを注文。画像は下駄のウニ1280円、シマエビ、厚岸の生かき1個380円、御飯が250円にのせて食べる。なかなかの☆☆☆半nemuro1 nemuro2 nemuro3





  1. 2010/09/25(土) 23:02:56|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隅田川水上バス

寒暖の差が激しいこの頃、Tシャツでは肌寒く上にはおったり、暑くてまた脱いだり、これでは体調が悪くなりそうだ。土曜日は、天気が良くなり、浅草から隅田川水上バスに乗船。浜離宮まで35分ほど、隅田川を下りながら、吾妻橋から勝どき橋まで13の橋をくぐるコースである。
水上バスは2階建てになっていて、上の階は両サイドに座れたら座った側の眺めは見られるがは、反対は見られない。左右の中央あたりの席だと中途半端になり余り眺望は期待できない様だ。天井がガラス張りで、橋をくぐる時は見上げられるが。そして船倉に潜る感じの1階は水面に近い高さ、なんかレストランみたいな感じになっている。左右両サイドの丸窓からは川沿いの景色は見られる様だが、左右辺りの中央あたりだと眺望はほとんどないと思われ。ここは天井があるので上は見られない。今回は、乗船場に行ったのが船が出る少し前でほとんど待たずに乗れたのだが、その分、席はあまり選べない。始めてだったので、ウロウロしながら、1度は空いていた1階の真中辺りに座ったけども、川も見えないから、結局は前のデッキ辺りに立ちながら景色を見ていた。もし列に並んで席をとる余裕がある場合なら、やはりビル風景が広がる都会の風景は川の西側で展開するから、つまり浅草から下る時は右側の窓側が良いかも知れない。もっとも下流には石川島とか左側に広がる巨大なビル群もある。そういう点では、天井の無い、屋上立ち席みたいなのがある船も小型だがあるみたいで、それを狙うのも良いと思われ。こうした眺望の点を改善したのが、全体がガラス張りのヒミコなんだというのも乗ってみて分かった。今回、乗ったのは道灌、屋上デッキの設定もある様だが、今回は台風の影響で閉じていたのかな。
画像は、隅田川から見た東京タワーを含む風景、最下流の勝どき橋をくぐった所 水上バスはこちら東京クルーズからsumidabus2sumidabus1

  1. 2010/09/25(土) 23:01:28|
  2. 江戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かっぱ橋道具街

嫁はんが江戸に来ているが、天気は晴れたり曇ったり。天気が悪いので、近くのかっぱ橋道具街まで出かけた。問屋街として100年近くの歴史があるらしく、飲食店の食器から、道具、サンプル、看板など色々な店がのれん170以上の店舗と800メートルも連なっているらしい。私は、ヤマダ電機で買ったT-FAlのパチもんの取っ手の取れる鍋とフライパンを持っていて、そのシリーズで使えるフライパンの小ぶりな分を探していたが、かっぱ橋では見つからなかった。来月にはかっぱ橋祭りもある様で、出ものを探しにまた出かけたい。画像は、かっぱ河太郎の黄金像と、今回買ったうどん用の粉付き丼。kawatarodonburi


  1. 2010/09/24(金) 23:45:02|
  2. 江戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神田でオデンなのか関東煮なのか

ナニワから嫁はんが陣中見舞いに来てくれた。東京駅以外で待合わせに分かりやすいかなと思われるのは神田駅、東西南北口があるが、非常にくっついており、くるくる回りながら出会える感じ。それが神田スタイル。安心そうなプロントとかチェーン店居酒屋もあるが、せっかくの神田、どうしたものか?そこで行ったのが、以前の会社で仲間と何度か行った、おでんの「中がわ」。ガード下でおやじが粛々と炊き続ける、JAZZが流れる店。おやじさんは関東者らしいが、店を始める前にナニワの多幸梅に味修行に行ったというから、神田にあっても所謂おでんの店だろう。銅釜で煮たネタ、赤星のラガー、これ江戸おでんの味。kandaoden
  1. 2010/09/23(木) 23:13:45|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新・ミナミの帝王 (ナニワ金融道)

これまではあまりドラマとかは見なかったけども、単身赴任の時間の中でTVと多少は仲良くなってきた。今日はフジTVで「新・ミナミの帝王」を見た。悪徳支店長に、負わされて死んだ今宮君の仇をしっかりとる萬田銀次郎に、よっしゃやったれと同化していたりする。​ミナミの帝王の格言はこちらから
それから、連休にDVDの「鬼平犯科帳」を借りて来た。ミナミの帝王とはまた違うが、官憲の立場にありながら、庶民を庇い、悪徳代官をやっつける部分は勧善懲悪ミーハーな乗りだけども応援したくなる。鬼平犯科帳がまた流行ってきているのは、スカイツリーで下町が少し陽を浴びているのもあるか。それにしても池波先生のストーリーにはペーソスがある。
さて今日の大阪地検の検事の逮捕、己の業績、手柄、プライドの為か、証拠データを書き換えたり、本当にそんなんでええのか?人を訴追する立場にある者がそんなことして良かろう筈無い。おかしすぎますやん。鬼平がいたら、きっとえらい怒りますぜ。すぐに江戸にいる同心すべてを集めて調べさせますわ。
まあ、そんな世の中なら、少しは萬田銀次郎を見習わないといけないか。金融道、トイチの取り立ても半端じゃないが。私の場合は、まずは自分に対して取り立てを厳しくするところから始めてみるべきかも。
  1. 2010/09/21(火) 23:31:05|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第28回 関西TVローズS

昨日は、浅草の「やげん掘の七味唐辛子」を御遣い物にしようと出かけてきた。JRAはどうしようかなと思いつつ、応援してきた福永騎乗エイシンリターンズの単複だけ買うことにして六区WINS方向へと。WINSの前のコンビニ辺りの道では酔っぱらって寝ているオヤジや、それを注意する警備員、傘を振り回して怒るオヤジ、通行人も巻き込んで小競り合いが頻発している。雇い仕事がなかったり苛々しているのだろう。この街はオヤジのため息も「るつぼ」みたいに溶かし込んでいる。
画像は、中国の大道芸人が椅子をだんだんと積み上げながら逆立ちをしている様子、体を張った大技はさすがは曲芸大国と感心していた。バックに映えるロック座のネオンを眺め、最近、自分がどこにいるのか、ふと忘れている様な時があって、ああ江戸なんだと気づく風景がある。

さてローズステークス、12エイシンリターンズはキングカメハメハの産仔、阪神の相性は良いとみて、樫の成績は度外視。スタートは良いし、アパパネとのキングカメハメハ系逆転まであるかと思われ。roze10

  1. 2010/09/19(日) 15:07:13|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:1

レトロ歌謡:東京大衆歌謡楽団

浅草の辺りは雷門、隅田川~スカイツリー方面へ下町情緒をベースに、観光客も多い。人力車は二人で30分が8000円とお金がないと乗れないが、まあ旅行だから土産話にって乗ってみようという事になるし、それも楽しいだろうな。地元にいると段々と観光のポイントは分かって来たから、歩いて案内もできるだろう。どなたかお越しの節はどうぞ。ちょっと広域に隅田界隈を回るのに、レトロな自転車(丸石とかツバメ自転車)のレンタルをしたら、ちょっとアクティブな層を狙えるのではなかろうか?

ところで、この浅草の辺りで、東海林太郎に似たロイド眼鏡をかけて直立で歌い、アコーディオンやベースでもって、昭和歌謡のアレンジと言うよりも、そのままの雰囲気で復刻させているバンドがある。東京大衆歌謡楽団という様で、兄弟が中心になっているみたいだ。画像は、左が少し前に雷門の前での夕方の演奏(この時は投げ銭を少々させて戴いた)、右側は昨日の昼に隅田公園の木陰で演奏の様子。特に感心したのは、右側の立って歌っているボーカルの右に座っているお婆ちゃんだ。なんと魚を入れる発泡プラスチックのトロ箱をひっくり返して、ドラム代わりにしてリズムセクションを担当。ちゃんとブラシでしゃかしゃかもしている。ハーモニカのお爺ちゃんもいて、つぎ「憧れのハワイ航路」やろうとか、とても楽しそうな風景に感動した。retro1 retro2
  1. 2010/09/18(土) 23:05:08|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ