ナニワおやじの逆さ海月♨

えぐち(江坂)

 江坂にある緬屋えぐちという店に行った。先々週の8時ごろに行ったけど、6時からの夜の部が8時過ぎにはスープが切れて閉店していたので、今回はリベンジの訪問、7時半に行って行列に並ぶ。今宵は、1月で2回目の満月というブルームーンを見ながら、ガソリンスタンド横の道に並んで待つ。今回は間に合ってセーフだったが、それでも私の6人位うしろで、やはりスープ切れにて行列待ちも打ち切りとなった。
 並ぶこと30分くらいで、入店(4人掛けテーブルとカウンターが4名のこじんまりした店で、丁寧に作っている感じだから待ちも長い訳だ)私は中華そば650円+玉子、女房ははつけ麺750円を注文。出汁はつけ麺を出すだけあってスープは魚系の感じ。中華そばは、麺は細麺、煮玉子の外は固まり中はトロッっと半熟加減が良い感じ。つけ麺は、丁寧に茹でられた中太麺の腰もまずまず。どちらも入っているチャーシューは脂身は少ないが、柔らかい。ちなみに隣の一人で来た女性は中華そばとライスをペロッと平らげていた。次回は私もラーメンライスにしてみたい。スープがなくならないよう、内緒にしておきたいだが、☆☆☆☆半eguchi
  1. 2010/01/30(土) 22:21:11|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

だんだんめん

 東京に行っていて、溜池山王の駅近くで坦々麺を食べた。「はしご」という店名で、店の表に甕が並んでいるのが目印になる。この店では坦々麺を「だんだんめん」と書いてある。もともと坦々麺は好きで、以前に大塚方面に勤務していた頃はうまい店が何件かあってよく食べていた。
 最近は坦々麺自体の機会がなくなっていて、久々の一杯で興奮は高まる。ノーマル坦々麺で900円だが、せっかくなのでここは一日煮込んだ豚肉ののっている太肉坦々麺(だーろーだんだんめん)1100円を頂く。辛さは普通を注文したが、辛さには強いのでもっと辛くても大丈夫だった。肉も柔らかくて厚みがある(画像右は箸でつまんだところ)麺は比較的細くてつるつる入る。全体的にはボリュームはあまりないが、サービスで小ライスがついてくるので満腹になってしまう。バランスもとれていて美味しい一杯だが、値段もそれなりなので☆☆☆半dandan2

  1. 2010/01/23(土) 18:19:13|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

夢幻飛行

阪神・淡路大震災から15年、亡くなられた6434名の方々に御冥福お祈りいたします。
TVでは、15年歳月の流れを伝える。幼くして親を亡くし五島の祖父母に育てられた青年が、失したものを探すために神戸の大学に入り、病院で働きながら亡くなるまで育ててもらった親の有難さを感じる姿を映していた。いくら街並み全体は立派に復興しても、大切な人を失った本人の心には永久に癒えないものがあろう。だからこそ社会は教訓を忘れず災害対応を心がけ、助け合うことを大切にして未来に向かわないといけないのだと思う。

95年といえば激動の年、1月の震災から始まり。3月にはサリン事件。4月には青島幸男、ノック知事誕生、東京為替市場でドル79.75円と現在まででも最高の円高。5月にテレサテンさん死去。そして8月のWindows95英語版、11月に同日本語版発売では、MS-DosからPCの世界が大きく変わった。私としても95年は7年暮らし親しんでいた博多から、突然に名古屋に異動した年。そして95年の2月には、あのJet Streamの城達也氏が癌で60代半ばに亡くなっている。
Jet Streamのテーマ曲はオープニングは「ミスターロンリー」、そしてエンディングが「夢幻飛行」だった。その「夢幻飛行」については、城氏が亡くなると共にお蔵入りになったらしい。沈まぬ太陽にかかれている様な真偽はともかく、鶴と言えば日本の旗艦航空会社であった。その海外路線進出とともに、庶民の夢をビジネスにしたJALパック。その語り手が城氏であったと思う。そのエンディングテーマが夢幻飛行だった訳で、もし彼が生きていたら、株が7円だなんてびっくりながらも、やっぱりあの声でジェットストリームと言ってくれたのだろうか?
私は以前はよくマイレージを貯めていたが、最近は搭乗機会がほとんどなくなった。それでも去年のうちから残ったマイレージで、2月に母が東京である永年表彰を受ける際に伊丹、羽田の特典を予約していた。今回の件で心配したが、当面は特典は継続される様で一安心した。
それにしても人員削減が1万5千人以上で予定され、企業再生の為に仕方ないという面もあろうが、5万人ほどのグループ企業も含め3割位という大きな話。保障の内容も分からないし、次が保障される人は良いが、この時期に大変な人は多いと思う。いずれ会社は再生しても、個人や家族の進むレールはなかなか復調できない事もあろうかと気になる。

さてタイトルの伏線は日経新春杯、夢幻飛行=ドリームフライトの逃げに期待したい。昨日の京都500万下で1450万3連単馬券が出て、京都では最高、JRAの3番目高配当らしい。当たり馬券は7枚。1~3着は、8番人気、13番人気、3番人気であっても良さそうな組み合わせで、その配当。その8番人気勝利ジョッキーが酒井学の逃げである。そういえばテイエムプリキュアは去年のこのレースを勝っているが、その前の一昨年に人気薄から逃げて3着に激走した時が酒井騎乗だった。デインヒル系、フサイチソニックの血でずっと長いところを使われているが、今回50キロと軽量でもある。昨日に続いてドリームで酒井から購入。馬券は5の単複、5からの総流し、テイエムとのいったいった、4-7-8絡めたボックスで勝負。

nikkei10


  1. 2010/01/17(日) 13:04:38|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:1

Texas Burger

 マクドナルドから、ビッグアメリカバーガーシリーズ第1弾として、テキサスバーガーが発売開始した。いつもは昼食ならチーズバーガーセット490円、あるいは単品100円もので良しとしている。比べるとこれはコストもカロリーも高くなってしまうが、テキサスバーガーセット740円、カロリー本体640kcal+ポテトM454kcal+コーラMが140kcal=合計1,234kcalを全国発売初日の昼に初食(ハツショク)した。
 バンズはやや硬めに焼かれている。そしてパティーは4分の1ポンド(1p=454g)と大きいのが基本的な特徴。そして3枚重ねのバンズの上段には、スモーキーベーコンやフライオニオンが乗ってくるのが、これまでにない食感で、バーベキューソースとマスタードでピリッと仕上がっている、というのが触れ込みスペック。TVのCMもバンバン入っている。
 でも実際に出てきたのは、画像の様に上段のベーコンはちょろっとだし、どこにフライオニオンが入っていたのかどうかもわからない、パティも乾燥して冷めた感じで、期待して割にはいまいちだった。手にしたバーガーは看板の絵とはかなり違って迫力ないなぁと思ったのは事実で、まあ一回食べてみて、それでいいやという感じだった。期間限定メニューは、きっと店員が慣れるまでは仕上がりも一定しない事もあるだろうから、特に初日食いはリスクとなる。こちらも、そのリスクヘッジをかけていない訳だ。そして買う時に金融製品みたいにリスクの責任は確認されない、元本割れじゃなくて、看板の絵割れする恐れがあります、と言ってくれたらいいのに。この先にもビッグアメリカシリーズは、NewYork、California、Hawaiianと続く予定らしい。そうすると、一応はシリーズ制覇を目指そうかと思ってしまう。しっかり、その戦略に乗せられているのである。今回の店は、会社からの最寄りでよく行く店だが、ひなびた駅前のまばらな客の年齢層も高いマーケット。昨日も周りにはテキサスを食している様な気配もなかった。反省を踏まえ、次回からのリスクヘッジとして、若い客も多く活気のある、販売も多く修練カーブの早い店に行くべきだと対策を練った所である。texas
  1. 2010/01/15(金) 23:53:12|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

日本一たい焼き

 大阪鶴見緑地方面で、日本一たい焼きという店を発見。日本一という標榜に弱い部分もあり、ここはすかさず買食(注:買って食べるを略した。読みはここではバイショクで。食物の自給率が低い日本では買わないと食べられないのは普通の話だが。一方、買い食いと言う言葉もあり、学校帰りに行うなど一般に良くないニュアンスであった。最近はファストフードのテイクアウトも定着し、買い食いという表現はあまり聞かなくなった)
 さて、たい焼きと言っても、天然ものと養殖ものがあるということで、ここのは北海道産の小豆と砂糖のみを使っている餡が、天然と言われる所以とか。画像の様に、たい焼きはふっくらしていて、皮は適度なパリパリ感を有している。下の尻尾部分の断層像をみても、餡がぎっしり詰まっている。なんと、この餡は、銘菓「博多の女」の二鶴堂のプロデュースによるらしい。一匹160円だが餡の量が多く食べ応えがある。そして日本一というのは、味とその販売量(愛媛で1日5267匹のギネス達成)にあるらしい。
 もともとは、昭和の時代に野間の四つ角にあったタイ焼き屋がベースらしく、そういえば博多にいた頃に野間のパチンコ屋の近くに行列ができていて、何匹か買食したように思う。その店を閉めていたが、日本一たい焼きとして、佐賀の方から始まり、今は東京、シアトルにも展開中みたいだ。この鶴見店には浅田真央も来たとある。本来は甘いものが好きで、今日のブランチにも善哉を食べた位である。今年は少し甘党も探訪しようと思われ。nihonichitai
  1. 2010/01/11(月) 12:28:36|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ルクエ

 このブログでキッチングッズのネタは珍しいが、09年の終盤にすぐれものがキッチンに導入され、今回はその使用傍観報告を少し。スペインはルクエのスチームケース、これはバナナの葉でくるんだ蒸し料理からインスピレーションして開発された物らしい。素材はシリコンで出来ている。なんと次女が母親の誕生日のプレゼントに買って来ておおいに喜ばれた。この、ペナペナした怪しげなものが5250円というのは、主婦には最初ちょっと手が出にくい部分もあろう。
 ピンクのバージョンだが、シリコン製の両生類みたいな質感を有していて、形はサンダーバード2号に似て端を角にして、そうタンクローリーみたいな感じ。使用法はいたって簡単、ルクエの中に野菜をいれて、塩コショウ位の味付けをし、ペタペタと蓋部分を被せたらレンジでチンするだけ。水なしで、素材自体の水分で蒸し料理が出来てしまう。仕上がりは画像の右の部分。久々にかなりの優れものである。☆☆☆☆☆lukue
  1. 2010/01/10(日) 21:38:29|
  2. グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シマエビ

 新年、おせち料理を食べて、夜は兄弟夫婦が持ってきてくれた蟹とシマエビを頂く。蟹はホットプレートで焼いて食べた。シマエビというのは、もともとは北海の方で有名なものみたいだが、最近は漁業の進歩か色んな種類のエビが収穫されて売られている。そんなには獲れなくて、エビの王様らしい。これは刺身で、食感はプリッとしていて甘味がある。やはり新年の甲殻類は持ってこいの食べ物で、ビールもすすんで、感謝。kokaku
  1. 2010/01/02(土) 12:09:52|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bluemoon 2010

謹賀新年
年明けの空は雪が舞っている。さて一ヶ月に満月が二度ある時に、二度目の満月をブルームーンと呼ぶらしい。月齢は約29.5日周期、太陽暦の一ヶ月は30、31日なので、満月の日は少しづつずれていくことになる。今月は1日が初めの満月のファーストムーン、そして30日に二度目の満月でブルームーンとなる。それから、今年の二月が28日なので月齢の方が逆に長く、戻して三月にまたまたブルームーンと、年に二回起こるのはとても珍しい。次のブルームーンは2012年9月の予定で、2、3年の周期だから、それを例えて滅多にないことという意味で使われる。ブルームーンを見たら幸せになれるらしい。
Bluemoonについて詳しいページはこちらから
  1. 2010/01/01(金) 11:43:49|
  2. ノンセクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1