ナニワおやじの逆さ海月♨

日本列島 寒気の大晦日

 今年の大晦日は全国的に強い寒波に覆われていて、中国道に200kmほど通行止め区間が出たり、日本海側のトワイライトエクスプレス夜行列車は運休したりしている。帰省した但馬地方では思ったほどに積もっていなかった。小学校のころ、冬は表通り一面に1メートルほどある雪の中をずぼずぼと足が埋まり抜きながら歩いて通った。地球の温暖化というは本当だと思う。何十年というレンジで見たら、まるで世界が違う浦島太郎みたいなことは沢山ある。年をとるほど時間がたつのが早くなり、数年位の間に何をしてきたのかと吃驚することもある。政権が交代しようとなかなか良くならない世の中の慣性もある。そして私達は茹で蛙に慣れてしまった。それでも紅白の小林幸子はメガ幸子と言って3トンにまで安定成長していた。
 いまも雪は降り続いている。毎年、近所の寺まで年越しの鐘をつきに行くが、この降雪では老いて腰のオペをした母の足もとが心配だが、「風呂は鐘つきの後にするか」というから、毎年の決めごとには行くつもりの様だ。二千と一ケタの年代ももうすぐ終わる。厳しい世相は続くだろうが、ひとつの区切り、二千と十年代を迎えたい。みなさんに良いお年を。hometown

  1. 2009/12/31(木) 23:45:07|
  2. ノンセクション
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

フォゲッタブル

 菊花賞の予想には、7番人気のForgettableていえば谷村新司と小川智子が歌っていた「忘れていいの」という感じだろうか?もっというとUnforgettableというのはナットキングコールの名曲だが、ableの頭にunがついているのなんかは、英語らしい言葉で日本人には難しい。と書いて本命に押した。菊でフォゲッタブルは2着したが、スルーロールスは押さえられなかった。
 忘れようソングはまだまだある、故河島英五は「忘れてしまいたいことや~」と唄った。円広志は高知から小二の時に守口に来て、追手門学院経済を出て、78年に「忘れてしまいたいことが今の私には多すぎる」と大ヒットを飛ばした。人は飲んだり、旅に出たりして忘れようとしてきたのだろう。年齢ととも愚痴の多くなった私も、良いことだけ覚えて、いやなことは物忘れ上手になりたい。
 さて今年の有馬記念は、4番人気⑯フォーゲッタブルの単複、馬連総流しで勝負。今回はルメールの騎乗だが、少し調べてみると、ルメールの初めての重賞勝ちは05年G1の有馬記念のハーツクライ、やはり4番人気で、大本命のディープインパクトに勝っている。。(05年はブログを始めた頃だけど、書き込みを見返したらディープ2着固定の馬単総流しで命中)その時の有馬のハーツクライのレース運びは、前走のジャパンカップまでの後方からではなく、先行策をとって中山コースに成功している。フォーゲッタブル16番は外枠だが追っつけながら早めに位置取りを運べれば。母エアグルーブ系のトニービンは、やはりハーツクライと同じ。今年も最後のG1、迷い出すと気になる馬も多いが、ここはフォーゲッタブルで締めくくることに。

[フォゲッタブル]の続きを読む
  1. 2009/12/26(土) 20:33:52|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

アバクロ

 今年は米国の娘に定期的にドルを送る様になった。もともと、留学どうこう言うより前に、2年ほど前、ドル円120円切った頃に、某メガバンクから「こんな円高は滅多にない外貨預金の良いチャンス」と電話勧誘され外貨預金をした。それが今や90円位だから4分の3だが為替差損自体は自己責任で仕方がない。逆に130円台になっていたら足元の仕送の用立が大変だった。
  最近はドル建てのMMFも少しづつ蓄えてきたが。この円高の間に、もう少しはリスクを取ってもドル建ての他の商品でもと思い、米国個別銘柄を試しに20株購入した。ただ手数料の安い楽天でも20数ドルになる。これが問題で、少しだけ買っていたのでは手数料割れしてしまうが、手数料分は飲み代を節約してという作戦もいいだろう。
 アバクロはこの師走に、アジアで初めて銀座のGAPやユニクロなどと並んだ界隈に、ちょっとだけ上等なカジュアル服の店舗を出店した。日本ではちょっと高めの値付けの様だ。株価には半年先までは織り込み済みというから、この銀座店の売りもあるけども、来年にで米国の経済回復があれば、街へ出るのに、カジュアル服は買われるのではないかと。娘はアバクロは、これ良いなぁと周りの友達も普通に買ってるよと。以下はアバクロの96年からチャート。anf

 
  1. 2009/12/25(金) 23:38:42|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メリークリスマス2009

 阪神百貨店の食料品売り場は、クリスマスで夜間営業でもかなりの行列が出来ていた。ケーニヒスクローネという神戸のケーキ。ローソクは3本。右側はケーキがのっているお皿。熊の絵が描かれていて、美しい国日本、美しい街神戸。と小さく書いてある。年の瀬でばたばたしていたり、子供も大きくなると、必ずしもケーキではなくなったりするが、今年は買って帰ることができた。メリークリスマス!cake
  1. 2009/12/24(木) 23:13:53|
  2. ノンセクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ひょっとこラーメン

 東京出張、溜池山王のひょっとこラーメンを食べた。宮崎ラーメンとある、とんこつだが、比較的あっさりで匂いも控え目、麺は普通の太さである。今回はラーメン650円+煮玉子100円のトッピング。紅しょうがはテーブルにあったものを一摘みのせた。私としては博多系細麺の方が好きだが、スープも飲みほしてしまった。九州系としてバランスの良い一杯だと思われ。☆☆☆半
hyotoko

店名は日向のひょっとこ踊りにちなんでいる様だ。神楽を元にしているらしく単調なリズムだが、いちど踊ったら、腰をくねくね、はまりそう。
  1. 2009/12/18(金) 23:36:13|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

肉そば

 千里中央に、肉工房千里モモタローという立ち飲み食い系&麺類の店が出来ていた。肉そばは380円、肉は確かに脂ものっていて、美味しかった。コロッケとカヤクむすびが付いて500円とかで安いし、出汁は甘くて旨い.
 
 ところで私は学生時代に京都の祇園会館の南の筋を少し入った京庵という蕎麦屋でバイトをしていた。その店長兼蕎麦打ち職人だった頂点禿頭の人はどうなったかな?上手い手打ちだった。その店が男の世界であったことは確かだ。オールナイトで仕事して、夜明けの運動にいったりした。北海道から来ていた職人さんが、蕎麦屋あけて、ソフトボールに行く時に、原付の信号無視でポリスにつかまり、家出人とわかり送還されたり。だいたいメンバーの多くは花園高校の男子がYAZAWAのタオルを巻いて出前していた。彼らは、いま頃どうしてるのか、と思い出す。

 さて、「キツネ付き3杯の天ぷら」って、オーダーは何なんでしょう?
職人さんが、窯に何玉いれて茹でるかということがベースにあるから、その卓は都合何玉という情報が明確に欲しい。そしてお客は何人かで行ったとして、もしも誰かが天ぷら蕎麦と言ったら、じゃ私もってなる事が多い。でも、一方で自分は違うのをっていう人が必ずいる。だから、およそ麺類の注文はパイオニアとフォロアーによる半分以上のオーダーと、少数のアンチで成り立つものだろう。特に酔っ払いなんかは顕著だろう。
付きというは1杯別のものが混ざっているという意味、これが2杯になると混じりという。これで茹でる数を、店の中で通しながら、職人さんが伸びたりしない様にこなしていく。それから、その店のルールで、本来のデフォルトを決めておいて、キツネと言うとウドンなのであり、天ぷらというと蕎麦という決まり。だから天ぷら蕎麦は、「天ぷら」で通して。うどんの場合は、うどん天と通す。つまりは、「キツネ付き3杯の天ぷら」って、きつねうどん一杯、天ぷらそば2杯ってことだけど。そうしたら「おかめ混じり、たぬきとお化けで8杯」という通しは、なんでしょう?senriya

  1. 2009/12/14(月) 22:17:32|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

鉄人の店

 週末に知人と忘年会で、お初天神の近くのマクドの並びに、10月にオープンしたらしい鉄人の店というところに行った。鉄人と言っても28号ではない。ここは金本アニキがプロデュース、1階のフロアデザインはアニキ監修とある。といって阪神や野球関係の飾りがある訳でもなく、おしゃれなインテリアでまとまっている。これならば東京から来た、あまりな関西が苦手な人でも招待できそうだ。画像の料理は、右から明太子、ネギ焼き、こんにゃく。割とあっさっりで沢山食べれそうな味だったが、当日はついついビア飲み中心で行ってしまった。また機会があればいってみたい。tetsujin
  1. 2009/12/12(土) 23:14:17|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

街の弾き語り

 千里中央のバス停あたりの広場でたまに見かける、オヤジちょっと手前位の弾き語り。太い低音で朗々と洋楽を中心に唄っている。ウクレレで合いの手を入れているいかしたオヤジさんもいた。公園でちょっと缶ビールというには流石に寒い季節になったけれど、一缶だけ飲みながら、今年も一年か...ぼうっとしているには良いBGMになり。streetm
  1. 2009/12/04(金) 23:15:46|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

グリーンカード

 いわゆるグリーンカード=米国DV-2011移民多様化ビザ抽選プログラムに応募した。これは過去5年間に5万人以上の移民を米国に送り出していない国の出身者に対して、電子的な抽選により、米国の永住権ビザが付与されるもの。だいたい日本出生者の当選確率は1%台となっていて、万馬券に近い様な凄い倍率だ。
 合衆国も誰でも受け入れでは大変ではある。優れた会社のオーナーとか、脳のある学者、活躍するスポーツ選手などならカモンだろうけど。日本で仕事も見つからないし、こうなりゃUSで一花咲かそうか、なんて労働者がどんどん来ても困るのは立場を変えてみても分かることだ。だから永住権は簡単には取れない。しかし合衆国という国の始まり自体が移民によるものであり、ある仕組みで移民受け入れ機会を万国共通に提供しようというのがこのプログラムだろうか。娘が合衆国に留学をしていて、グリーンカードを希望。それなら米国の人と結婚したら良いけれど、肝心な相手がいないということだ。
 今回は私や女房も申し込み、当たればとりあえず移住しちゃうぞで、21歳未満の娘も一緒にビザを頂くという方向でチャレンジした。例えれば万馬券を3点買いした様な感じだ。この応募はJTBが代行をしていたり、他にもネットに業者がたくさんある。だけど当否は定かでない公開抽選に申し込むのに、1回8000円とか結構かかる先が多い。本来オフィシャルな応募ページがあって、入力していけば受理され控えの番号も出てくる仕組なのだが。
 ちょっと難しいのが、応募するときに添付する証明画像のスペックで、600ピクセル×600ピクセルのサイズで、顔の大きさは縦に対して50~69%、目の高さが56~69%の範囲にあり、重さは240KB以下となっている。それを外れたらアウトになるという。私は以前からデジカメの画像データをもらったり、ワード文書に張られた画像が、とんでもないお化けサイズであったりするとトホホでサイズ変換したりする。だけど、デジカメはとにかく高解像度に進んだし、きちんと使わせようとする画像ソフトも少なく、ユーザーもまあ写ってりゃ良いかできたと思う。以前に顧客の顔の入った記事を作るのに上司から顔が大きいほうが迫力あると言われて、アンバランスに馬鹿でかい顔にしていた人のを思い出した。グリーンカードには応募も多く、いろんな画像が来てしまっても困るので、基準を設けてあるのだろうが、わかりやすい方法だと思う。画像は写真の基準サンプルを引用。template
  1. 2009/12/03(木) 22:29:26|
  2. ノンセクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1