ナニワおやじの逆さ海月♨

ドル円

 26日にドルは14年ぶりの86円台、このところのFX、スイングでちょろちょろと小遣い程度に増やしていたものは瞬間に吹っ飛びロスカットされてしまった。損切りをぜずにずるずる保有していたから、初歩的なリスク管理の不備だ。でも、昼間、仕事中の変動だからどうしようもないし、仮に保証金を追加していても.......続いてこの27日には、朝の9時前に一気に2円近く円高で、84円台を記録、追証しても結局は負けを広げていたということになる。損小利大が大切と理屈ではわかるが、小遣い程度だからまだ良いが、大金を入れていたら?確かにFXというのは怖い。まあ米にいる娘への送金は必要で、為替感覚を掴むためにも、FXを少々たしなんでいた。今回はドバイの不良債権懸念もあるわけだし、地球の景気はなかなか回復しない。
 すこし頭をリセットすべく日経マネーの勝間和代のあなたも「お金」に愛される!と、FX攻略.COMという二冊を買って読んだ。前者は国際分散投資、特にドルコスト平均法でインデックスファンドの購入を推奨。後者の雑誌はホリエモン、雀鬼桜井章一のインタビュー記事が載っていたりする。FXはギャンブル性が高いと思われ。個人的には、馬もFXもというのは資金的に難しい。
  1. 2009/11/27(金) 18:49:46|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

第26回 マイルチャンピオンシップ

 今日は夕月。出走の中から夕月は⑦アブソリュートのみ、7単複、3.4.5.15との馬連でmile.jpg
  1. 2009/11/22(日) 15:41:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

タコ焼きプレート

 以前の記事で、たこ焼き器がこびりついて調子悪く、買い替えを検討した。数件の電気店にて機種をみて、専用機にするか、あるいはホットプレートとの兼用タイプにするかがポイント。専用機のメリットは小さいものだと2000円位からあり、タコ焼の直径もかなり大きなものもあり。電気やガスカセットのタイプなど色々あり。問題といえばそれだけで場所をとるという位か。たいして大きな機材ではないが、キッチン周りの収納がタイトだと、あまり使わない一点の追加は意外にかさばる。
 さて今回購入したのは、兼用型の象印のホットプレートEA-BW45、価格コムの売れ筋ランキングホットプレート部門4位である。上に1位のタイガーと、3位のやはり象印の機種が位置するが、両機種とも若干我が家には大きい。3人暮らしで、飲んだらあまり食べない私とダイエット志向の妻娘にはあまり大きなのは不要で当該機種にきまった。後で気がついたのだが、この機種は我が家の先代のホットプレートと基本構造が同じで、それに焼肉プレートとタコ焼きプレートを追加したものである。その点、開発費が節減できるのか、周りのものより若干廉い感じ。関西ではどこの家にもタコ焼き機はあるが、関東方面ではまだ馴染みが薄い。そういう場合はいきなり専用機のハードルは高く、ホットプレート買替え時に、タコ焼き機付きをオプション感覚で買うのが奥方への戦略と思われ。
 いずれにしても、我が家は象印製品が多い、競合のタイガーや一般家電メーカーと最終の一騎打ち選択になった時に、「象印賞」という言葉がよぎり象印にしてしまう。まさに刷り込み効果。「象印賞」には、年代的に玉置宏氏のスター物まね大合戦と、故土井まさる氏のクイズヒントでピントがあった。土井まさると言えばセイヤングの初代、TVジョッキーと懐かしく思い出される。takoyaki
  1. 2009/11/21(土) 10:01:59|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

紅茶党

 自民党か民主党か、という具合に。あるいは猫か犬か、ボートか自転車か、新幹線か飛行機かという様に、紅茶党かコーヒー党かと趣向が別れる。もっとも、この質問に関しては、適宜、どちらでも勝手に味わえば良いのであって、ここで○○党などと持ち出すまでもない話かも知れない。でも、もし寿命が尽きる前に、コーヒーか紅茶を一杯戴けるなら、どちらにしますかと例えて聞いたら、どうだろう。 
 私にはコーヒーはちょっと苦い大人の味で、背伸びをしてみた感じが今もする。一方ビールの苦い大人の味はすぐに馴染んでしまったのは不思議だが。さて、紅茶との出会いというと、高校を出て京都の街で暮らした頃、河原町のリプトンの直営店にたまに行って、ポットで運ばれたホットティーや、夏はクラッシュアイス一杯のアイスティーを飲むのを喜んでいた。つなぎを着て、肩まで髪を伸ばしながら、品を作って紅茶を飲むのはちょっとおかしかったかな。その一方で夜は酒には飲まれていたのだけど。それでも青春とは、まさにそんなアンヴィバレント(相対するものに引き裂かれそうな)なものだと思う。そしていつか彼女ができたら一緒に紅茶をと思っていたのは、はたから滑稽と言われても、それは青春特権であった。
 画像は阪神百貨店で買ってきたLUPICIAのYUME、はまなすとローズレッドのブレンドで甘い香り系。ビールとか飲んで酔って気分がざわざわして寝付かれない時など、紅茶を飲むと落ち着いて寝られるのは不思議なものだ。lupicia
  1. 2009/11/12(木) 23:36:36|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ファンタジーS

 2歳牝馬のGⅢレースで難解な面もあり。そういう時は俄か仕立ての月齢の研究にしてみよう。今日は月齢20.95の宵月で、出走に月齢の20~21で④ラブグランディ07/4/9生、⑪カレンナホホエミ3/10生、⑬スイートエスケープ3/11生の3頭がいるので実験的に宵月BOXで。アルゼンチンは⑭⑮の7枠から。さて月と言えば、昨日本屋で観月流和気道という書籍をみた。講師には月を配した名前がついている。ちょっとオカルトげだが、これは流行るかも知れない。fantaji
[ファンタジーS]の続きを読む
  1. 2009/11/08(日) 15:00:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ちょっと季節はずれの冷し中華

 この季節に、冷し中華と言ってもインメン(インスタントラーメンの略)だが、晩御飯に「味のマルタイ即席冷し中華スープふりかけ付」を2袋開けて茹でた。麺はなかなか腰がある、というか、ちょっと伸びたかなと見た目で思っても、口にしたら硬麺というのは、流石に福岡市西区にある㈱マルタイ製。この会社は棒状ラーメンが本線だが、これもなかなかいけてる。2袋だと結構ボリュームがあって、大きさの比較のために携帯をさりげなく横に置いてみた。麺には、粉末スープを水60ccで溶いてかける、そして仕上げにフリカケというのも、いかにも即席ちゅうのを前面に出していて好感度高し。marutai
  1. 2009/11/06(金) 22:24:53|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

天皇賞振返り - 今後の方針検討

 天皇賞はカンパニーが見事に8歳にて、ウォッカを負かした。TVを見て、カンパニーもこの辺で、東京だから横山騎手も一花あるかなぁ、とは思ったのだが、買い足すまではしなかった。勿論、競馬にたらればも無いが、最後に後述の月齢を見ていたのは不思議である。今回は⑭サクラメガワンダーは見せ場がなかったが、それは年内に次があるならば持ち越し勝負で行きたい。
 さて勝ち馬のカンパニーは、生まれた2001年4月24日が、新月の頃、月齢0.63、これは私の生まれた月齢とまったく一緒なのである。(もっとも私は月どころか、真昼間正午に生まれたらしいが)最近はこの月齢によるバイオリズムを研究しはじめた。基本的には自分が生まれた月齢からスタートして波を繰り返して来た訳だ。カンパニーは月の光らない夜に生まれ、一方でウォッカの生まれ2004年4月4日は月齢が14.34ほぼ満月の生まれ。それで今日が13.9の月齢、その点では、まだ私の研究は始まったばかりなので、何とも言えない。そして⑭サクラメガワンダーの生まれた2003年3月25日は月齢22.17下弦の月(いわゆる半月)で、まあ折り返しの中庸ってところもあったのかな。
 昔、忍者部隊月光という白黒のTV放送で、新月、半月とか、ヘルメットに日本刀を背負って戦う番組があったのを想い出した。吉田拓郎は、「上弦の月だったっけ久しぶりだね月見るなんて」と唄った。月に吠えたのは朔太郎。確かに何か忙しいか、酔っ払っているか、いずれにしてもなかなか落ち着いて月見ることはない。
 電波ソーラーで、左の時計の図には月齢ムーンフェーズと大阪港など特定エリアの潮位を示せ、またワールドタイムも出て何かと便利だ。それで9千円台、時計にオシャレなど拘りない私にはお得なカシオ製だった。これで当面の研究成果を図ってみたい。protrek
  1. 2009/11/01(日) 18:37:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

第140回 天皇賞

 関西は雨だけど、東京は晴れ。晩秋にサクラ咲けと、⑭サクラメガワンダーの単複、馬連総流しで勝負。福永ジョッキーが騎乗して、段々と人馬の息も合い流れがよくなっていると思う。レース間隔の開きも問題にはなるまい。オッズが高いと思うので、ここを勝つか、いずれにしても年末の有馬まで追っかけで行きたい。⑦ウォッカ⑩シンゲン⑥アサクサキングスのワイドボックスも頼んます。tennou09

  1. 2009/11/01(日) 15:26:33|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0