fc2ブログ

ナニワおやじの逆さ海月♨

2008天皇賞

 今回は、武ちゃんのウォッカがどうかがポイントだけど。もう最近は武ちゃんも人気落としたり、いろいろな部分であって、そういう意味では、武豊騎乗の一番人気で3倍台ついているのは、株や為替で言ったら買いだ。福永洋一、武邦彦というお父さんの時代があって、こたつの中で吉本のあとに競馬実況をみていた。当時はアカネテンリュウ~そしてハイセイコーが出てきたのは、ちょうど東京に中学校の修学旅行に行っていた夜で、布団かぶりながら競馬ニュースを見て凄いもんだなと思った。
 だから、武はもっと強くてもバチはあたらない。実際にクロフネの武蔵野ステークスとか、現場で武豊の馬券にあたったときは嬉しい。武か福永か、私の中学時代の思い出にはその叩き合いだったし、親の七光りではないけど、武・福永の再来、そういう部分もあって良いのではないかな。所詮は競馬なのだから。秋天だし、一着本線で固め、二着に人気薄飛び込むのではという期待馬券で。tennou08
[2008天皇賞]の続きを読む
  1. 2008/11/02(日) 15:17:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

活ずわいがに(露産)

 ちかくのイオングループのMAX VALUEが改装開店した。KOHYO(光洋)が昨年の暮れにイオングループになり、MAX VALUEの京阪神15店を継承したことの流れで、イオンは勢いがある。光洋は鮮魚専門店から発祥しているだけに鮮度には自信があるという事か、目玉は開店400匹限定でロシア産活きずわい980円、(蟹は生きているときは匹、死んで食に供される時に杯で数えるらしい)但馬出身で地の松葉ガニをよく食べた私も、口からぶつぶつ泡を吹き、脚を動かしている姿には惹かれてしまって購入。しばし流し台のところに置いていたら、口から真っ黒な汁を吹いた様で、ジフでごしごし中々取れない位だった。後でネットでしらべたら、蟹は獲られた時から、身が減って行くらしく、確かに海の中じゃないから食べ物もないだろう、そんな状態で輸送をかけられたら、競馬馬の輸送ではないがヘロヘロで身も痩せよう。でも中身は痩せても殻の中にあって分からない。私が選んだ蟹を店員が持ち上げて、「あっ重い、お客さんお目が高い」と言っていたのはそういう事か。だから生きてりゃいいさと唄ったのは川島英吾だけど、蟹は単純に活きてるのが良い訳でなくて、獲れたところを船や浜ですぐに冷凍してしまうのも意味があるらしい。そしたら「とれとれピチピチ蟹料理」はピチピチのノウハウが味噌ということやね。放っておいたら黒い汁を吐くから、これはあかんと、まだ息があるところを出刃で解体し、ビニール袋に詰め冷凍庫に。この作業は力もいるし、生体解剖は蟹の夢を見そうだ。という訳で連休中には今年初めての焼き蟹予定、1杯だけど。kani
  1. 2008/11/02(日) 11:19:31|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0