ナニワおやじの逆さ海月♨

竜介さん南無

 天皇賞のあと、関テレで「今日は竜介の一周忌」という番組を見た。56.4.6生で、逝去が06.4.1だから49歳だったのか。75年にデビュー、85年にダウンタウンのまったりした掛け合いを紳助が舞台見ながら、足台にされるのは惨めだと解散。しかしあの直球勝負の漫才は今にして思えば、私の青春時代と同期していたんやな。高校が私立(紳助の京都大谷高校)か公立(竜介の大阪都島工業高校)かの突っ込み合いや、リーゼントに暴走族ネタ、懐かしい。50になったら、テレビでもなく仲間の前でもう一回だけ漫才をしようと言っていた竜介の願いは、あと少しの所で叶わなかったという....紳助&竜介のWikipediaはこちらから。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B3%E5%8A%A9%E3%83%BB%E7%AB%9C%E4%BB%8Bryusuke

  1. 2007/04/29(日) 17:45:45|
  2. ノンセクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇賞ダメ

 今年はディープの様に抜けた馬がいなくて、ならば波乱とみて、二年前スズカマンボ(13番人気)→ビッグゴールド(14番人気)のあった、ステップレース大阪ハンブルクカップ組から、8番人気ダークメッセージで単勝、馬単総流しで勝負、撃沈に終りますた。
  1. 2007/04/29(日) 16:45:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ホタテ

 出張の帰りに青森空港で生簀にいたホタテを購入。3~4年前も買って帰ったかな。生きたままは新鮮だろうと、ついつい買ってしまう。今時はスーパーで生食用も買える。貝殻付きの状態から貝柱の部分だけに内臓部分を取りながら解剖するのは結構大変で、何しろ生臭くて手がヌルヌルする作業、これだけで作業した自分はもう一杯な気分。でも家族はバター醤油、刺身、美味しいと喜んでいた。 今は繁殖時期なのか、内臓の中でも大きくて赤い卵巣と白い精巣があって(真ん中の画像)生きたまま手でさばいていくのは申し訳ない。南無。右は出来上がりのバター焼き。hotate

  1. 2007/04/28(土) 23:34:04|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青森出張

 弘前「いもや」で食べた海鮮天丼\1,050は、カニ、ホタテ、海老の海鮮と店の名前にもある芋などがさっくり揚がっていて旨かった。オフ時間ならばビールが合ったと思われ。imoya

  1. 2007/04/27(金) 23:10:13|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心斎橋あたり

 仕事で御堂筋を南下、心斎橋あたり随分とお洒落になっていますね。大阪らしくないと言ってみたいブロック。ええ、私は実はお洒落なのが好きなんですが....shinsaibashi

  1. 2007/04/24(火) 23:01:45|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こんなん乗ってみたい

 VWに修理を受けに行った時に展示してあった高級SUVのTouareg。ポルシェ共同開発のシャーシ、6LのV×V=12バルブの奴で、値段は\1,019万。中はもちろん革張りゴージャス。何でも無改造でジャンボ747を牽引できる性能だとか。住宅ローン終わり、子供も独立し、もしもお釣りの余命と金があれば買ってみたい。しかし、紅葉マーク付けながら乗ったのでは危なっかしい車ではありましょうな。touareg

  1. 2007/04/24(火) 00:22:09|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

琵琶湖を眺める

 仕事で滋賀に。しばし琵琶湖を眺める。第三高等学校、琵琶湖周航の歌を口ずさんでいた。詳しくは以下のアドレスにて。
 http://www.city.takashima.shiga.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1134976319645&SiteID=0
そしたらもうひとつ#琵琶湖温泉ホテル!ホテル紅葉~#って言う懐かしいCMを思い出して、引き続き口ずさんでいました。wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%85%E4%BA%AD%E7%B4%85%E8%91%89
 biwako

  1. 2007/04/23(月) 23:52:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

夜景を眺めて

 先週のヴィクトリーはちょっと残念なところ。今週はオークストライアルのフローラステークス、今日はメインまで我慢して有り金を⑥ホクレレの単賞と⑥からの馬単総流しに勝負をかけたが、残念ながら掲示板にものらず。出走馬柱には父印、父内国産馬が多くなった、ホクレレはフサイチコンコルドの娘だが、アグネスタキオンの娘は5頭出走していた。ディープインパクトの仔が出なくなって情勢は戦国時代に突入していると思われ。百花繚乱多いにあって欲しい。来週からはG1連戦。
 さて今は阪神巨人戦を見ています。金曜から土曜にかけては完全に酒を抜きまして、肝臓もOK!っていうから、博多の知人から送ってもらった「源」という麦焼酎をやっています。競馬の勝負は2000mでも2分以内に勝負つくのですが、野球は時間がかかるので...あまりTVの前でじっくりいることの苦手な私にはという面もあるのですが。いやいや、そういう時間の過ごし方もあるのではないかと思われ。生き急ぐほどの大儀を何もしてる訳でもなく、もう少し時間を熟成して生きる事の大事さも、あえて、この歳になって覚えるのも良いのではないだろうか。
 娘二人は、高校にもなると、それぞれの予定で出かけています。ベランダから眺めていたら、伊丹空港にアポローチする飛行機が見えました。御堂アプローチと言って、御堂筋から左に旋回しながら入ってくる進路です。画像の上の方のドットラインがその軌跡です。千里は高台にあり、梅田までの夜景も見えて確かに眺望は良いです。これは、博多、名古屋、東京にいた時よりも、なんだか得をした気分になりました。巨人阪神は8回10-1で、確かに見ているだけ無駄な気もします。競馬で例えたら、ゲート出遅れ、中盤脚を使えず、仕舞いは馬群に飲まれた様なもんですなyakei

  1. 2007/04/22(日) 20:39:05|
  2. 住居
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

トホホ

車のオートロックがたまに開閉できない時あったが、今日いきなり壊れてしまい、ドアは鍵で開けたら良いが付随してガソリン給油口の蓋がロックしたまま開かなくなった。この蓋は鍵穴ないし、ガソリン残り少なく慌ててディーラーに走る。国産だとギアや電磁石がドアについてるらしいが、欧州車はポンプで陰圧をかけてドアの所にある椀に軟らかい蓋をした様な部分が可動して開閉するらしい。なんでそんな空気圧仕掛なんだろうか?安全上何かメリットでもあるのかいな?という疑問はさて置いて、修理見積もりはそのポンプが¥47000-工賃入れたら¥53000-でトホホ。以前熱帯魚飼ってましたが、水槽ポンプも数千円だぞ。なんてこった。でも五年八万キロになると色んな所にガタが来るのか。でもまだまだ走れる、いや走らなきゃいけないのは、なんか私の様でもあるな。そう言えばうまく閉まらない時にウゥとか言ってたな。部品取り寄せて明後日に日帰りオペ予定。ポロが段々ボロになり。
  1. 2007/04/17(火) 21:54:44|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通天閣にはかなわへんよ

 「大阪Lover」 私はFMを目覚まし代わりにしていて、この唄2ヶ月ほど前から連日6時半にかかっていた。ベースがぶんぶん響いて、なんか変な関西弁で何を言うてるのか分からへん、こっちはまだ眠気まなこやし、なんやこれと思いながら。「東京タワーだって貴方といる通天閣にはかなわへんよ」そんな比較になるのかいって思いながら。確かにドリカムは上手いな。こういうネタモノもきっちり仕上げてしまう力がある。でも、この唄、意外と知らない人が多い、酒飲んで話しても、未だに何それって人多し。ちなみにhttp://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00305/v01156/v0115600000000343855/これで。
 さて通天閣に負けてしまった東京タワー、あまりTVを見ない私だけど、ちらと見た。原作を読んだから、それで良いのだけど。コブクロの蕾というテーマ曲もマッチしていた。金曜に田舎の友達で関西に来ている連中と久々に飲んだ。その時に、3、4年前に自分の父母を亡くした友人がいて、「親はいるうちに大事にした方が良いよ。実はお前の実家にみんな集まって、馬鹿騒ぎしていただろう、あれはお前に会いに集まっていたんじゃなくて、おっかさんの人柄に惹かれていたんだと思うよ。今、思うと」そんなことを言われ。思えば当時、大学に行き田舎に帰省したら、今夜は友達を呼んで、オデン大会かタコヤキ大会か、どっちにするかな、そんな宴会は就職しても、私が結婚して博多に行くまで続いた。東京タワーの「おかん」とダブった。皐月賞残念と、マンションの裏にある丘の公園で独り反省会の缶ビールやりながら、おかんに友人がそう言っていたことを携帯で話した。そう、思っているだけでなく伝えておかなければ、お互いに老いて行くのだから...tuten

  1. 2007/04/15(日) 23:24:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ