ナニワおやじの逆さ海月♨

ボンバー ドル・株

日銀の追加緩和やらで10月末の$円は一気に112円台までボンバーで上げた。$を買っておけば良かったが、まあ中々柳の下の泥鰌にはなれない。
娘がアメリカに留学していた頃は円高が進んだ時期で、出国時に120円台だった$円は70円台まで行った。上下では随分と違った訳で、これはラッキーだった。

TVでは野村証券が、「今年のNISAは今年のうち」になんて言ってる。はたして今年のうちに枠を使った方が良いのだろうか?使うならば何が良いのだ?そもそもNISA分は五年保有出来るが、値下がっていた時の損益通算は出来ず、そのまま特定口座に移す事は出来るが、NISAでの取得価格はそこまででチャラ。特定口座に移行時の株価が取得価格になる。今度は買い値より下がっていても、税金がかかると言う仕組みで。つまりNISAは五年内に上がり、配当とキャピタルゲインをとれてこそ旨い話になる。これはなかなか難しい。
そういう内に、為替と共に日経平均はボンバー、金曜は755円の上げ、一万六千円台半ばまでいった。
NISA枠では米国株も買える。楽天では千株までの手数料が20ドルなので、ちょぼちょぼの数では割高。そうは言っても、そもそも為替とダブルでリスキーな米国株投資にあまり投入するのも怖いところだ。
例えばヘルスケア関連で、業績の安定している会社なんかどうだろうか?と思っていたらっていたら。先週末にNY株も爆発で何年振りの高値。いよいよ難しいタイミングになってしまった。(^_^;)

  1. 2014/11/01(土) 19:08:34|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

$100円近し

ドル円相場が急な円安。日銀の金融緩和発表があったとは言え、かなりの勢いだ。
うちは娘が留学して帰ってきて就職した。そのタイミングは良かった。
これからは円安にどう対応していくかがポイント。図は2010年12月からの週グラフ。
kawase_20130409081124.jpg
  1. 2013/04/09(火) 06:30:47|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

$¥今年最安値

自民復活の前から、おり込んだ様に円安傾向が出ていたが、先ほど円はドルに対して今年の最安値をつけた。
少し出来すぎな様なトレンドであるのと、クリスマス休暇前で手仕舞もあり、為替相場は年末に向け激しい局面を迎えそうだ。こういう時こそ、潮目に対応できればいいだろう。$0.jpg

ここ数年で見れば120円台から円高傾向に進んだ中で娘が留学をしていたのはラッキーだった。以下のグラフの様に、長期視点では今の相場は未だ凄い円高水準だ。そんな意味では、簡単には円安には行かないのではないかと思う。インフレにも備え、外貨と円で、株・債券・現金のバランスをよくするのが良いのは理屈だろうかと思われ。$2.jpg
  1. 2012/12/20(木) 00:50:18|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

円高傾向で始まる

円高傾向が続いている。留学中の長女がいて円高は助かる。月千ドルの仕送り。帰省にネット購入だがUnited機ANA運行便でサンフランシスコから成田・伊丹を往復で930ドルは円に換算すると割安感有。

かつてドル円が120円になった頃に「こんな外貨預金のチャンスはない」と住宅ローン先のメガバンクのおばはんが自信たっぷり電話して来た。やらない人はアホみたいな話に乗せられて大損こいた。まあ自己責任ということだが。
ではドルのまま海外送金しようと思ったら、「手数料がかなり高いからドル送金はもったいない、ドル預金はドルで使うんで無く、円が安くなった時に円に換えて利を得るのが本来のもの」なんて言う別のおばはんがいて。公金注入される様なお気楽な金融機関の中で、特におばはんに最低限やられん様に、自習してFP2級は取った。しかし、知識・情報はあまり無い。今年はブラッシュアップしたい。

「卵をひとつのバスケットに入れてはいけない」という資産管理の基本がある。為替の影響を考慮して、まず円と外貨に分けるべきという考えだ。大した卵は持っていないが、それでさえ、デフレ・インフレ・為替、遠い諸国の金融不安でぶっ飛んでしまう危険がある。
今年は世界経済が大きく揺れる懸念がある。欧州不安、米大統領選、中東の動向、朝鮮体制がどうなるのか、情勢に翻弄され為替も荒れそうだ。よく見極めながら対応が必要な年かとも思われ。kawase120104
  1. 2012/01/04(水) 12:31:32|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

円史上最高値

災害の影響で外貨を円に戻す動き、NYの株価下落に伴い、円が15年ぶり(阪神大震災から3カ月後の円高水準)を超えて史上最高になった。何と76円35銭!今朝、急激な値動きをニュースも伝えている。経済にも不安が広がる。highen
  1. 2011/03/17(木) 21:32:23|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

非常時の為替

 為替は地震発生のの2時46分から、急激な円安になっていた様だ。私は机の下に潜っていたが、そんな時でも江戸のトレーダーは売買をしていたのだろうか。他の地区から緊急情報をキャッチして、すぐに売買したのもあるだろう。
 災害時の為替は、かくも非常時に非情にも俊敏に反応するものなんだ。地震の経済への影響も大きいだろう。

さて覚悟を決めて歩いて帰っていたら、銀座線が動き出したらしい。それに何とか乗ることが出来たが、ホームは人で溢れ危険だからと、すぐに運転見合わせ、また走っては見合わせと、1時間半ほどかかった。それにしても電車で帰れたのは東京でも一部の様で、東京の公共機関は非常時に弱い。もし東京に直撃する様なことがあったら、想像も難しい話だ。
kawasejisin2
  1. 2011/03/11(金) 23:30:58|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金持ち父さん貧乏父さん

 日本橋の丸善で、Robert KiyosakiのRich Dad Poor DadのCD3枚組とテイストのペーパーバックを購入。ちなみにCDには24.98ドルとあるのが丸善で2236円、これは売値で88円位のレート、円高のメリットだ。なるほどと米にいる娘に、カーネギーの「道は開ける」を探して欲しいと頼んだ。現地調達→オークションなんてのも良いかも。
 ロバートキヨサキ物は、千里中央の図書館で借りて来て3冊読んだ。そういえば千里中央の図書館は以前は古かったのがシティーセンターの中に建て替わった。今、江戸では墨田区の近隣の図書館は駒形コミュニティーセンターの図書館で、この建物はかなり古い。本も古いのが多いけども、来ている人も私含めて一寸古い。なんというか、ぼろいけども頑張っている感じが憎めない。
 金持父さんでは、資産と負債の認識が基本。住む家の保有は負債、たとえローンがなくても税金、諸費用などが出て行くからだ。前に同じ会社にいたが、今はトレーダーで食べている友人は確かに借家が良いと言っていた。
金持ち父さんの、キャッシュフロー・クワドラントという考えでは、ビジネスを形作る人々の4つの異なるタイプ、従業員、自営業者、ビジネスオーナー、投資家の4つを分けている。従業員→投資家というパスを作りなはれというのがキーイッシュだと思うが、その従業員として稼ぐ事自体も大変な時代だ。せめては自分のライフ・ファンナンシャルプランをなんて思っても、なかなか自らの意思で先を描くことはできない。
 金持ち父さんの薦めるのは、投機でなく投資。FXなんかは、やり方次第とも思うが、下手すりゃ投機だ。私はまだまだメンタルに弱く、つい、やられてしまう。さて2月4日は米国雇用統計の発表日、雇用統計が予想より良かったサプライズもあって結果的にドル円は高騰したが、雇用統計発表時の夜10時半過ぎ、1分ほどの間に、81円02銭までドル安(円高)まで進んだ。81円10銭に置いていた私の損切り設定もを巻き込んで、チャートは嵐の後の静けさの様に、また81円半ばまですぐに戻した。
audiobook0204usd

  1. 2011/02/04(金) 23:49:24|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瞬間風速 81円台

昨夜は会社の納会が終わってから新幹線で江戸~浪花に移動。ちょうど、その時間帯に為替が81円台をつけていた様だ。秋から塩漬けになっていた$¥のショート(売り)91円70線という厳しいポジション。来年まで抱えず、年内には手じまいしたいと思っていたところ、92円30銭で設定の反対決済注文(損切り)が、新幹線に乗っている間に執行されていた。なんと瞬間風速は81円台まで行っていたではないか。
うちは留学生を抱えていて円高は基本的にOKで、どのみち$もいるのだが、この年末、82円台前半に為替があるようだと、ここは$買いもあるかもと思われkawase1228
  1. 2010/12/29(水) 09:31:41|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NYボックス

 都営銀座線の釣り広告・週刊SPAにNYボックス=シンプルに箱を書くだけと記事があり、どんなもんかとNet研究してみた。実は、FXについての私の考えは次の通り。以前にも書いたけど、メガバンクの外貨預金は庶民の少額ではドルのままで現実的には使いにくい。送金するにしても手数料が7千円とか。では外貨預金って何だったのかというと①円高の時に買って円安で売る為替利得と、②日本の低金利に較べ外国の金利は高いから薦められた訳だ。銀行の直電で「まれにない円高で(120$円当時)外貨預金のチャンス」なんて勧誘は流石に止めた様だ。
 さて米にいる娘の送金については、はした金はメガバンクでは手数料が高いからやめた方が良いと、婉曲に断られ..庶民の海外送金の話にのってくれたシティーバンクでお世話になった。そのうちシティで直接両替よりも、手数料が50銭と安い野村MMFに入れ運用してからシティにドル出金する方法も良いと分かってきた。今度はFX会社で例えばマネーパートナーズで為替条件の良い時に20pipsの手数料でコンバージョンしてシティに払い出し可能と言う手段もありベネフィットはある。(但し全てのFX会社がドルのまま使える訳ではない)
FXと投資とみるか投機とみるか博打とみるか。私はどうせ必要なドルを、好タイミングで蓄える研究にもFXはなると思っている。
 さて、テーマのNYボックスは世界経済の中心であるNYの為替時間で勝負するものだ。かつて米資本の会社に勤務したことのある私には、米はマッカーサー元帥の国、ギブミーチョコレートの国なのだ。そして今は娘を人質として送りこんでいる。さてNYブロックをとなえるロブ・ブッカー氏自身も億単位で稼ぐトレーダーで。NYが動き出す前の、NY時間の0時~7時(日本時間の冬時間14時~21時)の15分足のチャート図を基にして、その上下囲んだ箱から15分足の終値が上下に抜けたら、売買する。利益確定20pips、損切り30pipsの設定で、あえて利小損大150%という戦略。手前7時間の上下の値に対して抜けた行ったら勝負をかけるというもので、これはその時の勢いのインジケーターなのではなかろうか。そういう時には20pipsは取れるだろうというロジック・経験則ではなかろうかと思われ。少し、これで追ってみることにしよう。NYだと寝る前に勝負できる。
 ちなみに画像は、帰宅してから、ネットで15分足のチャートから午後2時~9時の部分を描き黄色い線で囲んだ。この間の高値83.54、安値83.32をロウソクの上下で抜けたら、よっしゃ行けのブレークアウトトレードポジションを取るということだな。その勝負に出て損切りを食らったら、リバーサルトレードとして反対取引にはいるというものだ。これはこれで、ロジカル・経験則である様な気がする。さて、少し試してみよう。どういう結果がでるのか。nybok
  1. 2010/11/17(水) 22:27:52|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新・ミナミの帝王 (ナニワ金融道)

これまではあまりドラマとかは見なかったけども、単身赴任の時間の中でTVと多少は仲良くなってきた。今日はフジTVで「新・ミナミの帝王」を見た。悪徳支店長に、負わされて死んだ今宮君の仇をしっかりとる萬田銀次郎に、よっしゃやったれと同化していたりする。​ミナミの帝王の格言はこちらから
それから、連休にDVDの「鬼平犯科帳」を借りて来た。ミナミの帝王とはまた違うが、官憲の立場にありながら、庶民を庇い、悪徳代官をやっつける部分は勧善懲悪ミーハーな乗りだけども応援したくなる。鬼平犯科帳がまた流行ってきているのは、スカイツリーで下町が少し陽を浴びているのもあるか。それにしても池波先生のストーリーにはペーソスがある。
さて今日の大阪地検の検事の逮捕、己の業績、手柄、プライドの為か、証拠データを書き換えたり、本当にそんなんでええのか?人を訴追する立場にある者がそんなことして良かろう筈無い。おかしすぎますやん。鬼平がいたら、きっとえらい怒りますぜ。すぐに江戸にいる同心すべてを集めて調べさせますわ。
まあ、そんな世の中なら、少しは萬田銀次郎を見習わないといけないか。金融道、トイチの取り立ても半端じゃないが。私の場合は、まずは自分に対して取り立てを厳しくするところから始めてみるべきかも。
  1. 2010/09/21(火) 23:31:05|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ