ナニワおやじの逆さ海月♨

旧友

noto.jpg

先週末、旧友を見舞いに千葉へ。彼はある疾患の為に療養生活を送っている。若い頃からラグビーや登山と頑強な男だったのに、それが不健康な暮らしの私ならともかく、人生は皮肉だ。旧友はリハビリして、「いつか同志社大学で過ごした京都に行きたい」と言う。今年の秋辺りを目標にしよか、「そうだ京都、行こう!」って話になった。

カメラ好きだった彼の古い写真をアイホンで撮らせて貰った。能登に旅行の時のもの。迷ったけど、モザイクをかけるのも変だから、想いを込めてアップさせて頂きたい。写真に写る、もう一人の友達が亡くなった事は、2005年暮れに送られて来た喪中葉書で突然知った。私も転勤が続き、京都にいる彼とは不義理にしているうちに、病に倒れてしまった。一度は旧友のお墓にお参りしなけりゃという事もある。

当時はオフロードバイクのタンデムで京都を走っていた。あの頃に遡って色々たずねてみたいと。過ぎた何十年の時は戻らないけれど、置いて来た青春のカケラを探しに。秋に行けることを目標にしてリハビリを頑張って欲しい。私自身も単身赴任で飲み過ぎ、各種の検診数値も良くない。もっと健康的な暮らしをしないとあかんと自戒しながら。
  1. 2015/04/08(水) 16:17:05|
  2. 往事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

さよなら豊劇

故郷の映画館・豊劇こと豊岡劇場が閉館していた。雨の中、ブランクの看板を寂しく眺めながら、小学生時代に男女子合同で観に行ったシネマを想い出した。ピンキーとキラーズの「恋の季節」、和泉雅子&山内賢の「二人の銀座」、生意気なガキだが、当時ゲーセン等もなく、大人に混じって青春映画にドキドキしていた。
そしてやはり流行ったのは怪獣映画、映画館でみるゴジラは怖かったなぁ。

リンク二人の銀座(1967年)@YouTube

豊劇さん、長年地域の娯楽に貢献ご苦労様でした。
fc2blog_201205041741492c4.jpg
  1. 2012/05/04(金) 18:58:24|
  2. 往事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レトロ建築 : 豊岡市中町

帰省中の実家の辺りは昔の町名で中町という。私はそこで幼少期を過ごした。地方の小都市の街中ので、食品店、肉屋、おもちゃ屋、自転車屋、雑貨屋、魚屋など色んな店が軒を並べていた。大規模スーパーにより、旧い商店街は変わったが、記憶の中には街並みが残っている。
北兵庫では1925年に北但大震災があり、その復興建築として旧但馬貯蓄銀行も建てられた。労働基準監督署としても使われたが、その後35年程空いていた様だ。そんなレトロな建物を再生し、今回開業された診療所と画廊があり少しのぞいて来た。高石医院は7日の開業だが町内で内覧させて頂けた。診察室も昔の素材を残して使われていて、これなら患者も落ち着けると思う。
fc2blog_2012050321582028c.jpgfc2blog_20120503215858a89.jpg

2階は豊岡画廊となっていて、オープニングの催しは豊岡出身の美術作家の展覧会、「胡蝶のゆめーKEiKO萬桂の世界」を拝見して来た。墨絵をベースにして勢いの中に繊細さを感じる作風だった。
画廊は、色々活用される計画の様だ。地域活性に繋がる様に期待したい。
fc2blog_201205032159523cb.jpgfc2blog_20120503220011995.jpg
  1. 2012/05/04(金) 00:29:06|
  2. 往事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小学校同窓会

 昨夜は故郷の小学校6年2組の同窓会に出席してきた。先生を始め、卒業してからもう何十年も会っていなかった同窓生が多くて、最初は誰だったかなと思いながらも、一人ずつ面影が重なっていく。ジグソーパズルの様に、学級のイメージが出来上がっていった。数十年ぶりの開催に43名中16名の参加。
 妹が実家の戸棚の中から、私の小学校の卒業文集「とものあゆみ」を見つけて渡してくれた。ガリ版刷りで作ったもので、紙も変色している。振り返ると長いようであっという間の数十年、タイムカプセルに乗って来た感じがした。また何年かして、今回会えなかった人と会いたら嬉しいな。お互いの健康・幸せを祈って散会した。幹事さんありがとう。☆☆☆☆(☆一つは会えなかった人達のため次回に残しておこう)dosokai1tomonoayumi

  1. 2011/08/15(月) 11:22:59|
  2. 往事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

17歳:シンシア

 朝日新聞の週末増刊、be on Satuurdyに、戦争の隣で育った少女 南沙織「17歳」という記事があった。洗礼を受けたクリスチャンネームがシンシアらしい。天地真理、小柳ルミ子と一緒に3人姉妹と言われていて、その当時のブラウン管をオンタイムには見て来たが、沖縄といっても復帰の前で、日本海しか知らない少年には沖縄の海は復帰前で情報もなく想像はできなかったし、宜野湾、普天間基地の辺りということも知る訳もなかった。
 お母さんが奄美出身で12歳で奉公に出た苦労人らしいが、「アメリカ世(ゆー)では英語が大事」が持論で姉弟をすべて学費の高いインターナショナルスクールに通わせたらしい。ベトナム戦争の出撃基地になり、治安と通学のために基地ゲートの3か所に引っ越した。母が再婚したフィリピン人の父は基地で働いていて、当時琉球人が羨望の目で眺めたフェンスの向こうの豊かな生活が身近で、売店や映画館に出入りする身分証明証もシンシアは持っていたようだ。
 琉球放送で週1回5ドルのバイト料で出演していて、写真を見たCBSソニーに呼ばれ本土へ。本土復帰は翌年の話だから、、渡航証明証が必要だったらしい。7年活動して引退から、32年。有名写真家の妻として何不自由の生活を送っているのに取材に応じた理由ははっきりしていた。「言いたいことはひとつです。沖縄の海を守って欲しい。基地はなくすべきですが、代わりに海を埋め立てたら取り返しがつかない」と。(記事より引用)
  1. 2010/07/17(土) 16:49:08|
  2. 往事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンスがすんだ

 以前の会社で一緒だったSさんと梅田で会った。私は神戸方面にてミーティングをしていて、夜の予定が分からなかったが、急きょ会えそうで連絡させて頂いた。ぜひ送別に会いたいとかけつけて貰えた。
 元気でと暖かい言葉にはチョット泪もろくなっていてあかん。会社も離れたら縁も切れる人が多いけども、オヤジだからこそもう勢いではいけない、縁を大事にしないといけないと思う
 Sさんからは、「昔、ディスコの時代に府立体育館とかの催しに、エレッセを着ていったのだ」と聞いた。確かにS江さんのダンスはジョントラボルタみたいでイケてる。21世紀初頭、売上管理でぼろかすに言われ、これは酔って踊ってるしかないと一緒に行ったのが懐かしい。その時もSさんのダンスはいかしていた。私は来週から江戸に行きますが、浪花には家族も残しているし、たまに帰ってきます。また行きましょう。添付はダンス画像と、Youtubeからアースウィンド&ファイアのファンタジー。
esesan 

  1. 2010/06/12(土) 23:16:44|
  2. 往事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サル、○○○、チンパンジー

小学校の頃に、ボギー大佐(戦場にかける橋)の出だしの部分を、「サル、○○○、チンパンジー」って歌ったもんで。私がサル、エテコ、チンパンジーと歌っていたら、嫁はんは、サル、ゴリラ、チンパンジーだと意見が分かれ。確かにエテコって猿のことみたいだから、サル、エテコでは猿がダブってしまうと言われると苦しい。でも私はやっぱりエテコだった。これは年齢や地域差によってエテコ派とゴリラ派に分かれるみたいで、どうですか?
  1. 2010/02/23(火) 20:47:17|
  2. 往事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

箕面温泉スパーガーデン

 箕面観光ホテル、スパーガーデンの方へ走っていて、道沿いに大きな猪と子供を発見、これにはびっくらこいた、猿だけではない。ホテルの脇にあったプール用地が売却されて山の上マンションが建っている。スパーガーデンまで一気に上がるエレベーター(100円)も一度は乗ってみたい。monosupa
  1. 2008/05/06(火) 20:05:49|
  2. 往事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ダイダラザウルス

エキスポランドの外周のところで、クレーンが立ち上がって鉄の脚みたいなのを撤去していた。これはダイダラザウルスの脚部分だと思われ。全周2340m、最高速度72.5km/h、高さ28.5mというスペック、1970年万博見学で乗ってかなりびびった想い出があって、私には十分な恐怖度だった。そして当時はひとつの殺人事件だってもっと重大な感じがした。今は、さよならダイダラザウルス。expo
  1. 2008/04/23(水) 20:35:37|
  2. 往事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

太陽の塔

 この書き込みから、あの頃(レトロネタ)というジャンルを始めます。金曜は午後休みで、夫婦でオペ2連発、嫁は某在阪高偏差値医学病院でちょっと切除術、私は口腔インプラント設置で北摂におり、塔を眺める。
 さて添付画像は太陽の塔。(左半分:H大病院上階から塔背後像、先にエキスポランド手前に万博日本庭園 右半分:万博公園駅からの正面増)
 1970年の万博、みなさんはどんな参加だったでしょうか?私は但馬の中学から団体で参加しましたわ。実は3個の顔が見えますね、左の画像の裏側からの青黒いのが過去の顔、そして表側に上に金色に光るのが未来の顔、正面まんなかにあるのが現在の顔で少し歪んでいる顔にも見える。岡本先生は、地下にもうひとつの顔を用意していたが、今は不明になっているみたいだ。
 岡本太郎先生(1996逝去、享年84)の「グラスの底に顔があっても良いじゃないか」というノベルティのグラスは1つ欲しかったし、「芸術は爆発だ!」には一本取られたままだ。くいだおれ太郎の事もあるけれど、岡本太郎の生んだこちらは流石にちょっとでは退けられないナニワの顔になっている。2010年再公開を予定らしい。
taiyo
  1. 2008/04/18(金) 23:03:13|
  2. 往事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ