ナニワおやじの逆さ海月♨

横浜野毛山動物園

9月の連休初日は次女も合流し横浜へ。野毛山動物園へ行ってきた。なんと無料の動物園なのだ。
動物園に向かう道は上り坂になっているが、マンホールもお洒落な感じ。
manhole

無料でもライオンやキリンなどもいる。でもシロクマは亡くなってしまった様で、象もいない。動物は高いから無料で運営するには仕方ないと思う。
giraffe2.jpgpenguin.jpg


野毛山には、たまたまWINS横浜があって、日曜日のローズステークスのがんばれ馬券を買ってきた。武豊騎乗のディーウインパクト産駒レッドアヴァンセに期待。野毛山界隈は路上でJAZZの演奏をしていて盛り上がっていた。
34Rose.jpg


みなとみらいの日本丸のあたりの芝生は寝転がることもできる。観覧車のネオンが映える夜景が綺麗だった。
minatoyakei.jpg


  1. 2016/09/18(日) 12:42:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

京都にちょっと

連休中、遠くには行かないが近場でレジャーの第二弾は京都。

大阪から名神で京都南まではすぐ。堀川通りから、加茂川沿いにどんどん北上し、山の中を鞍馬寺まで。ここは山寺で、山門から途中までケーブルカーで登り、後は本堂まで歩いて登って行く。鞍馬山頂上からは良い眺めだった。
kurama_edited-1.jpgsantyo_edited-1.jpg


京都は学生時代を過ごした街で、まぁ青春の欠片を置き忘れた街である。少し昔をたどってみる事に。
鞍馬から南下すると宝ヶ池に出る。「宝ヶ池教習所」を見ながら、そこに免許を取りに行ったのを思い出す。(その時の免許は更新忘れでうっかし失効して、後年に取り直す事に。自動二輪は取り直せず失ってしまって残念。)
この辺りのライブハウスではカントリーを聴いていたなと、うろうろ探すと、これも当時からあった乗馬クラブの中に「HONKY TONK」を発見。ここで懐かしいメニューのジャンバラヤをいただいた。
ht_edited-1-1.jpg


宝ヶ池から南下すると、数年暮らした修学院にいたる。修学院離宮の近くに住んでいたが、辺りはだいぶん変わっていて中々思い出せない。車をとめて、アイホンのグーグルマップを頼りにして歩いて探したところ、ありました懐かしの安学生下宿。壁にかかった山田農園の看板が目印、そう「山田ロッジ」という名前だった。さすがに改修とかされているのか何十年たった古さはなかったが。レイアウトはこんな感じだった。当時はこの狭い部屋で、サンスイのアンプで佐野元春のレコードなんかガンガンに鳴らしていた。そして今日もどこかの若者の部屋から音楽が漏れていた。若者よ、勉強もしなはれや。
yamadar_edited-1.jpg


修学院の駅前辺りもずいぶん変わっている。何度かいった事のあるバーを探してみた。ここも中々見つからないが、京福電車の線路脇にあったから、線路沿いに歩いてみる。あった「AKOSHAN」だ。残念ながら営業は水~土の夜となっていて、今日は日曜。今は千葉に住む友人が、懐かしい京都の店にリストに挙げていて、秋には一緒に京都旅行する事を目標にしている。楽しみにしておこう。
aco1_edited-1.jpgako2_edited-1.jpg

それから京都府立植物園を散策、甲子園球場の6倍という広大な敷地が京都市内にある。戦後は進駐軍の住宅が建設されていたらしい。園内には沢山の植物があり、ニュートンの生家のリンゴなんてのもあった。(接ぎ木で増やされたもの)
修学院から元田中に引っ越してからも、北大路界隈はよく行ったのだが、やはり街並みはずいぶん変わっていた。
nyuton_edited-1.jpg


さて京都で、昔に少しタイムトリップした一日の仕上げといえば、やはりここ。夜中にも食べたくなるとスーパーカブで行った天下一品の総本店。当時から流行っていたが、今も人が一杯。以前はネギがカゴに入って食べ放題だったけど、それは無くなっていた。チェーン店も増えたが、総本店はなにか味が違う気がする。
ten1_edited-1.jpgten2_edited-1.jpg


一日のタイムトリップでは、まだまだ記憶の彼方から呼び起こせないものが多すぎる。また再来しよう。次回はお酒も飲める様に、公共交通機関で行ってみるかな。









  1. 2015/05/03(日) 23:11:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

桑港の蝸牛

snails

サンフランシスコに娘を訪ねた時、庭の林檎の木に、二匹の大きなカタツムリが枝に這い向き合っていた。

海を越えても元気に暮らしていられるのが一番、「生きとし生けるすべてのものが、それぞれに所を得て、平穏無事であること」に感謝。
All's right with the world!そんな詩のフレーズを想い出していた。

“Pippa's Song”
The year's at the spring 
And day's at the morn; 
Morning's at seven; 
The hill‐side's dew‐pearled;
The lark's on the wing; 
The snail's on the thorn;
God's in his heaven ― 
All's right with the world!
(1841:Robert Browning)

「春の朝」(上田敏訳)
時は春、
日は朝(あした)、
朝(あした)は七時、
片岡(かたをか)に露みちて、
揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛(かたつむり)枝に這(は)ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。
(『海潮音』明治38年10月刊より)

そして、今、ナニワおやじも戸越の枝を這っており
  1. 2012/08/24(金) 20:20:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サンフランシスコ市街

サンフランシスコ市街散策。この街は曇ったり晴れたり、気変わり様だ。この日はおかげで快晴。sf7sf7


郊外からのアクセスには路面電車から地下鉄に変わる便利な乗り物もあった。2ドルの料金で一定時間以内はトランスファーOK、これはリーズナブルだ。路面電車には、下の様なレトロで可愛い奴もいた。
rail1


フィッシャーマンズワーフからパウエルまでケーブルカーに乗った。これも市営の様だが、トランスファーもなくて6ドルの料金は上に較べると観光的料金かな。狭い坂道を走り抜けて行った。
rail2railtic


YouTubeアップ動画
  1. 2012/08/15(水) 23:43:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Fisherman's Wharf

Fisherman's Wharfに行って、金門橋を眺める。橋のある風景は好みだ。fw1

天候は曇り気味で強風、寒い町並みを歩いて行く。日本の暑さを忘れる位だ。fw3

Boudinに寄って、クラムチャウダーとチリビーンズのブレッドを頂く。
これに、私はコロナビールで体が温まる。☆☆☆☆boudin1boudin3
  1. 2012/08/14(火) 15:35:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Las Vegas Night

ラスベガスは40度とかの猛暑、でも湿度が低くて乾いているのか?日本の蒸し暑さとは違う。

街のほてりは夜もなかなか下がらない。何か、アメリカ人の大人の夜祭の様な感じがした。
夜が明けると、祭りの後の寂しさの様な感じもする。
カジノは若干プラス、ビールを飲めた分が勝ちで終わった。またいつか訪れる日があれば幸だ。
vene13vene10


vene11vene14


YouTubeより、ムービーはこちら



  1. 2012/08/13(月) 23:59:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

HOTEL VENETIAN:LAS VEGAS

LAS VEGASへVirgin Amerikaにて移動。滞在ホテルはVENETIAN。初め10階だったが、清掃の為か床が濡れていた事もあり、25階の眺望も良い部屋に交換して貰えた。
今回、長女が旅行の計画・予約、旅程での案内や交渉などもしてくれた。有り難う。英語も上達し、アメリカで暮らしながら逞しくなったものだと思う。
venetian1venetian3

venetian6

vene12
  1. 2012/08/12(日) 23:06:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

NAPA VALLEY WINE TRAIN

NAPA VALLEYをWINE TRAINに乗り、NAPA駅からHELENA駅からまでを、ゴトゴトと3時間で往復する。napa1#napa


行きはワインとランチ、帰りはデザートを頂く。揺られながら帰路はたた寝してしまった。☆☆☆☆
napa2winetrain

napa6
  1. 2012/08/11(土) 23:57:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カリフォルニア旅行

サンフランシスコ(SF)留学中の長女を訪ねて、夏休みに家族で渡米した。
SFは坂が多くて、雲や霧で覆われていて夏でもかなり寒かった。
sf01sf00


サンフランシスコ州立大のキャンパス・24時間営業の図書館(米国の学生はよく勉強する様だ)
univ2





  1. 2012/08/10(金) 23:39:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

出石

週末実家に帰省していた。一時帰国している娘と出石という北但馬の城下町を訪れた。辰鼓楼という時計台があって、これ1871年(明治4年)の建立は札幌時計台とどちらが日本最古か微妙な所らしい。実家からは10キロくらいなのだが、私は小学校の高学年で遠足に行って以来な気がする。街は小京都という感じで観光に賑わっていた。
sinkoro







辰鼓楼が午後一時を知らせたころ、皿そばを食べに如月へ。少し中に入った落ち着いた店で、あっさりした細めの蕎麦を北海道昆布だしのつゆで頂く。5皿860円・蕎麦湯にゆずも入っており☆☆☆☆kisaragisobakisaragi







鶴屋という土産店で黒豆黄粉ソフトクリームを食べた。暑い日に美味しかった。softcream







レトロな観光地仕様の顔枠写真に親子で写ってみた。家族と出かけられ、メンタルにも良かった様だ。tono
  1. 2012/05/27(日) 22:17:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ