ナニワおやじの逆さ海月♨

春のバードウォッチング

シグマの150~600mmContemporaryという長い望遠レンズをゲットした。
長い時間持っていると腕がプルプルするが、手持ちでもなんとか撮れる。
・馬を中心に使いこなしていきたいと思われ。以下は3か所での画像。

3/4 水元公園
常磐線の金町から、水元公園の循環バスに乗って公園へ。午後、だんだん日差しが弱くなって肌寒くなった頃にカワセミ登場。
カワウが羽を大きく広げて乾かしていた。
kawasemim.jpg

kawau.jpg

3/5 目黒 国立科学博物館付属自然観察園
都会の真ん中の目黒にある大きな公園。上野の科学博物館の年間パスポートで、この公園も通年無料なのはお得。
3時くらいに行って、すこしベンチに座って待っていたら、ジョウビタキとカワセミが来てくれた。
joubitakim.jpg

joubitaki.jpg

kawasemi.jpg

3/10 池上梅園
戸越銀座から東急バスに乗って池上の本門寺近くの梅園へ行ってみた。梅はそろそろ終盤の感じだった。メジロはなかなか出てこなくて、帰ろうとしていたら二羽のメジロが飛んできた。慌ててカメラを取り出して何とか撮影した。
mejiro.jpg

mejirofri.jpg

hiyodori.jpg


  1. 2017/03/12(日) 11:20:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2017 CP+

横浜みなとみらいで開催のカメラ映像のショーCP+に行ってきた。
今回のタイミングにはCanonの望遠200-600mmや6DMKⅡは発表されなかった。
Canonでは、飛行機撮影の講演をしていて、単焦点か100~400mmを使った映像を傷害していた。
一方、シグマブースには、100-400㎜の新型発売前の望遠ズームが展示されていて触ってきた。
やはり長めが欲しいけども単焦点までは予算がなく、純正の200-600にの気配がないので、シグマの150-600を買うことにした。

image1.jpg


ブースで撮影モデルがいたので、ちょっと撮らせていただいた。
SIRUIは中国のアクセサリーメーカー、最近、カーボン製の1脚を購入した。
sirui.jpg


オリンパスは、動きのある男性モデルがいて、動体撮影への対応性にフォーカスしていた感じ。
olympus.jpg






  1. 2017/02/11(土) 23:49:19|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京成杯 中山競馬場

今日は雪で中京と京都競馬場が競争中止となった。金曜夜に少し飲み過ぎたこともあって土曜はゴロゴロして過ごしたが、今日は洗濯して、関東は雪も降っていなくて、晴天だったので中山競馬場へ行ってきた。

京成杯は1番人気のコマノインパルスが勝ち、今日は勝負気配が感じられず馬券は余り買ってなかったから、勝負けは良しとする。

最終レースの後に、G1馬モーリスの引退式があって見てきた。沢山の馬がデビューして引退していく中で引退式をして貰える馬は幸せだと思う。
競馬場ではいても精悍だったモーリスだが、今日は人参入りの花束を貰い、一本食べさせて貰ったりして少し訳が違う様な。もう一本頂戴と言っている様な顔だ。これからは種付けでの成功を祈りたい。




  1. 2017/01/15(日) 21:09:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

墨田〜浅草寺

天気が良かったので、鳥でも撮りに出かけようと思いながら。高校サッカーとラグビーの試合が面白くてテレビ観戦してからの出発。墨田方面でカワセミを待ってみたが登場せず。

墨堤通り枕橋からのスカイツリー


バーゴシップに寄って栃木風のお雑煮を頂く、具が沢山入っていて、鰹ダシをベースにしたけんちん汁みたいな感じ。


夜の浅草寺にお参り、雷門から

仲見世通りを通って

本堂にお参り、「良い年になります様に」
  1. 2017/01/07(土) 23:50:36|
  2. 江戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAL121便

2016年末は28日午後から休暇をとり伊丹へ帰省。短い時間ながら、空の旅を楽しめた。♪ヽ(´▽`)/
(画像はEOSM2&iPhone6撮影)

JALラウンジにて

富士山がみえる


搭乗時にコックピットをチラ見


富士山を臨む


知多半島かな?


海が綺麗だわ


雲が出てきたぞ


伊丹に無事到着
  1. 2016/12/28(水) 23:31:38|
  2. トラベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イタリア旅行

11月18日、連休前の成田発 イタリア旅行へ
20170101135802022.jpeg
成田からイスタンブールへの出発は22:25が22:00になっていた。

Turkish Airlineにのりイスタンブールで乗継、イスタンブール空港ラウンジはなかなかゴージャスだ。
20170101140754e3b.jpeg

20170101140924630.jpeg
蜂巣の蜜があった、濃厚な甘さ。ラウンジはピアノも置かれ広く落着いた空間。

2017010114081456e.jpeg
イスタンブールで4時間ほど待ち、イタリアへ。

20170101140900d1d.jpeg2017010115141771b.jpeg
ローマから、そのまま列車でベニチアへ。水の都では水上バスが主な交通手段。ゴンドラにものった。

ベニチアからイタロに乗ってローマへ移動
20170101152611ac9.jpeg
バチカン美術館は迫力があった。

20170101141001f12.jpeg
スペイン広場は警官がたくさんいてスリに目を光らせている感じ。

20170101141020467.jpeg
トレビの泉の夜景は綺麗。

2017010114103784a.jpeg
コロッセオはやはり迫力があった。
今回は11月の飛び石連休に5日間イタリア3泊、かなり駆け足の旅であった。
それでもテレビにイタリアの風景なんかが出てると、なんとなく分かる感じ。これは行ってみないと分からない部分。それも旅なのかも知れない。





[イタリア旅行]の続きを読む
  1. 2016/11/24(木) 23:23:50|
  2. トラベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月の連休はさえない天気

この連休も天気が悪かった。雨降ってヂ固まるというが、どうなのだろうか?
昨日は銀座に出かけたが、二丁目の辺りはカルティエが改築されて、シャネルと並んでビルのディスプレイが綺麗だった。
気温が一気に下がってきた。秋から、そうこうしていると冬イルミネーションのクリスマスか、一年が過ぎるのはまったく早い。
1009ginza4.jpg

今日は京都では、京都大賞典が行われている。1番人気はサブちゃんの1キタサンブラック、4歳で春からは成長が見込まれ、戦歴でも抜けてはいる。馬券は、8サウンズオブアースから入ってみたい。天皇賞では15着であったが、昨年のこのレースの2着馬。有馬で2着したデムーロとのコンビでここは一発を期待したい。4ラストインパクト、10ラブリーデイとの3連単をネット購入、あとはがんばれ馬券の単複をWINSで購入予定。
51kyoto.jpg



  1. 2016/10/10(月) 13:55:34|
  2. 江戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

横浜野毛山動物園

9月の連休初日は次女も合流し横浜へ。野毛山動物園へ行ってきた。なんと無料の動物園なのだ。
動物園に向かう道は上り坂になっているが、マンホールもお洒落な感じ。
manhole

無料でもライオンやキリンなどもいる。でもシロクマは亡くなってしまった様で、象もいない。動物は高いから無料で運営するには仕方ないと思う。
giraffe2.jpgpenguin.jpg


野毛山には、たまたまWINS横浜があって、日曜日のローズステークスのがんばれ馬券を買ってきた。武豊騎乗のディーウインパクト産駒レッドアヴァンセに期待。野毛山界隈は路上でJAZZの演奏をしていて盛り上がっていた。
34Rose.jpg


みなとみらいの日本丸のあたりの芝生は寝転がることもできる。観覧車のネオンが映える夜景が綺麗だった。
minatoyakei.jpg


  1. 2016/09/18(日) 12:42:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

浅草サンバカーニバル

昨日は浅草サンバカーニバルだった。小雨が降っていて出かけるのを躊躇したが、あのサンバには以前に東京の墨田区に単身赴任を始めた夏に初めていって元気を貰った事を思い出しながら、やはり今年も出かけた。雨では踊っている人も大変だろうし、こちらも何か乗れない感じだった。それに腹痛で正露丸を探したりする体調、これではサンバのドラムも良くは響かず。例年なら最後まで見て、帰りに界隈でビールでも飲んでいくところなのだが、途中雨脚も強くなってきたので、今年はギブアップ。

見物は雷門の対面にいたのだが、前の方はアジアの人がブルーシートを広げ座りながら傘をさしており。その傍の狭い立地に見物客が立っていて、私はその後ろにつけた。最近はカメラ小僧ならぬカメラ爺というのが出没するらしい。Canonの一眼レフにタムロンの望遠ズームをつけたカメラ爺が、私の後方にこっそりつけて来て、そのうち人混みの前列に割って入っていってしまった。長年培った、混んだ電車で奥の方に入っていくスキルと、社内もごり押しの要領で、趣味の撮影も頑張らなくちゃという感じかな。
勿論アジアの人から何語かは分からないが文句を言われでいたが、言葉が分からないのを幸いにして平気で無視。なるほど、これでは今時はカメラ爺が害と言われる訳だ。気を付けないと駄目ですな。
sambad<sambb



  1. 2016/08/28(日) 22:36:20|
  2. 江戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近はブログの更新が出来ないでいる。フェイスブックやツィッター、インスタグラムなどにネタをあげているから、ネタ切れと言う事もあるし、パソコンのソフト入れ替えでアクセス出来なかったり。
何かテーマを決めてブログは書けば良いのだが、夏になって競馬もクラシックはお休み。
ともあれ7月も最後なので、涼しげな海月の画像をアップしておこう。これは品川アクアパークにて撮影したもの。年間パスポートは7月までで1年満了。更新はいいかな。

  1. 2016/07/31(日) 20:33:18|
  2. ノンセクション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千里東町公園

千里阪急ホテルの裏手にある公園、バンの雛が産まれていて、親子で歩く様子が微笑ましい。
蓮の上もうまく渡って行く。午後の日差しはかなり強いのけども、池があって少しは暑さが和らぐ感じで良い。
  1. 2016/06/14(火) 22:15:37|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第77回 優秀牝馬(オークス)

オークスに東京競馬場に参戦したものかどいうか、迷っている。戸越銀座から東急経由、自由が丘から南北線に乗り換えて府中本町まで、55分497円、ちょっと時間がかかる。近づくにつれて新聞を持った人も増えてきて、皆が速足で向かう姿は通勤を思わせる。今日は少し億劫だ。G1だから、特に人が多そう。さて、どうするか?

とりあえずは現時点の予想。絞り切れていないので、6頭まで選んでボックスにしてみた。
最近も、終わってみたら、やっぱりディープ産駒という事が多い。今回の産駒出走は4頭、その中からはまず1番人気の3シンハライト、14ビッシュはデムーロ騎乗での一発がありそう。しかし今回の本命は、7番人気の8デンコウアンジュ、メイショウサムソン産駒。ここ3走はふるわないが、昨秋の東京コースで鬼脚の上がり時計を見せている。川田との
コンビも期待したい。デンコウアンジュからの馬券は単複含めて買増し予定。
あとはキンカメ産駒の11エンジェルフェイスのルメール、それから13チェッキーノは目下3連勝中でおさえておきたい。もう一頭、ベテラン横山が東京コースをうまく走れば、16ジェラシーの目もある。

77オークス

6頭ボックスは15点買いになるが、今回は人気がばらけているだけに、以下の様に結構なオッズになる。
oaks77ozz.jpg

  1. 2016/05/22(日) 13:05:35|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

CANON 野鳥フォトフェスタ 

CANONが行っているイベントで、戸塚学氏観衆のワークショップ「野鳥撮影をはじめよう!」に参加してきた。
はじめようというか、これまでも何度か撮影に行ってはいるが、なかなかうまく撮れない。というか今日の午前中は隅田公園に行ったのだが、カワセミはなかなか現れず。撮影に朝8時から来ていたという爺さんと話をし、一度だけちょっと姿を見せただけで今日は駄目かなというアドバイス。そう撮影以前の状況なのだ。東京近郊野鳥撮影地ガイドなんて本も買ったりしてるが、最近流行気味で撮影する人が増えてカワセミは逃げてしまったのではないかな?いずれにしても写真は我流なので、今回のワークショップに参加してみた。キヤノンプラザ品川の様子は以下の通り。

canon1.jpg

ワークショップはパワーポイントを使っての撮影の基本とか、野鳥撮影のHow toやマナーを聴く。例えばローアングルでしゃがんで撮るときは曲げた右膝関節(いわゆる立て膝)の上に肘関節をのせると安定するという技を教わり、実技でも試したが確かにこれだと安定する。これまで意識もしていなかったのだが、思い起こせばヤンキー座りをしていたかも知れない。
そんな訳で基本的なワークショップだが参考になった。何事も、まるで教わらずに行うことはよくないと思われ。その後はギャラリー内の各所に置かれている模造の鳥を撮影するワークショップを行った。アシスタントの方にも丁寧に教えてもらえた。

kawasemi.jpg


今回の参加者は4名で、最後に自分の撮った中から一番良いのを選んでキヤノンのプリンターで印刷してもらえる。年配の男性は鳥を画面の左端に置いて後ろをぼかしていた。他の女性は鳥を大きく撮って、強調したいものに絵を絞り込んでいる。それは絵心というか、感性のものだろうけども私にはちょっと欠如している。というか、被写体が真ん中に全体が映っていないと、尻切れトンボみたいだし、まあ真ん中にないと不安定な気持ちになる。修学旅行できちんと並んで全員がまじめな顔をしているのが良い写真だというのが私の原点かもしれない。

小学校のころ写生大会とか嫌だったし、図画は苦手な科目だった。一度、先生が絵を提出せよと五月蠅いのでヤケクソでいい加減に書いたら、小学館の佳作入選になった事は一度あるけど。なるべくまっすぐ真ん中におかないと落ち着かないのは、幼児の頃に祖父が物を置くときは真っすぐでないと怒られたからかも知れない。(まっすぐ自体は悪くはなさそうで、ファインダーをグリッド表示したら水平が分かるという説明があった。)
実家はもともと写真館だった(以下の写真は昭和時代の画像、壁の富士フィルムという文字に名残りがある)。中学校では写真部にも入っていたのだが、そもそもは絵心が無い。そのセンスの無さは妻にもよく言われる。そうえば連休に居酒屋に行ったとき、旧友がコンパクトデジカメで写していたけども、彼は芸大を出ているからか、お猪口ひとつ写しても上手く撮るもんだと思った。彼には絵心がある訳だ。

IMG_0452.jpg

頭でっかちな理論と、感性のずれは、下手をすれば趣味の写真もストレスになる。やめた方が良いかなとも思っていたのだが。
今回のアシスタントは、「色々撮ってみたら真ん中じゃなくても安定を感じられる構図があるかもしれませんせんよ」というアドバイスをくれた。確かにそうかも知れない。感性の問題もあるが、やはり人は歳をとるとどんどん頑なになっていくことだし、メンタルヘルスの点でももう少しは色々撮ってみるもの良いかも知れないな。



  1. 2016/05/21(土) 23:48:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ